ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 陶芸教室、梨の整枝 | main | ロビー展示の回収、自宅の片づけ >>
内科の受診、町の障碍者自立支援講演会
0

     2019.12.26(木)雨のち晴れ。天気予報は終日雨だったが、午前中に雨が止み、午後は晴れ間が出た。エアコンを付けずに自室にいると、寒さで頭が痛くなるような気分だった。

     雨中長男を送る。帰宅すると自宅でのんびり時間を潰した。10時に行き着けの病院で診察の予約があった。

     

    ☆大腸ポリープのこと

     

     先日手術で除去したポリープの細胞検査結果を聞く。まずそれが第一の目的だった。順番がきて説明を受ける。陰性だった。まずはひと安心。

     次に話が残るポリープの除去手術に移ると、医師は3つの選択肢を示した。二つが内視鏡による手術で、もう一つが開腹手術だった。こちらもこれまでの状況からその想定はしていた。

     

     「どうしますか」と聞かれて答えようがなかった。「先生のご判断に従います。」としか言えなかった。やや高度な内視鏡による手術が選ばれた。手術後の用心を考えると、入院して取り組むそうだ。1週間までの入院と言われ、驚く。それだけの日数が確保できるかどうか分からなかったからだ。しかし、体のことなら何より優先すべきだろう。腹を決めた。1月の下旬に取り敢えず予定を組んだ。

     

     話はこれで終わらなかった。受信前に血圧を測った。相変わらず高い。病院側も放置しないほうが良いと判断して、服薬治療を提案された。降圧剤の服用だ。これも気になってはいた。これまでは高血圧の影響が出ていなかったが、今後は分からない。大人しく医師の勧めに従った。

     

     こうした受診で投薬を受けるまでに1時間掛かった。気疲れした。

     

    ☆ひとまず休息

     

     帰宅して、早めの昼食を摂る。あられは今日、公務で9‐4時の用事があった。昼食後は休息に当てた。実は午後にも用事があった。

     

    ☆障碍者自立支援の講演会

     

     町の福祉関係や、障碍者保護関係の部署や団体が開催した講演会だ。「ぼくはぼくにうまれてよかった」というタイトルで、講演は全盲のドラマーの母親だ。出産時から12歳になる現在までに歩んできた不幸な運命や、そこから這いあがってきたことなどを生の声で淡々と述べられた。

     

     2歳になる直前、両目にがんを発症、摘出手術を行い全盲になった。あるきっかけがあって、音に興味を持ち、以後ドラム演奏に打ち込んだ。有名なアーティストの目に止まってコラボ演奏などをこなし今やプロの領域に達しているという。12歳の男の子だ。その子は、ある時から泣かなくなり、母親に自分は大丈夫だと告げたそうだ。

     

     そうした経過の報告の後で本人が4曲のドラム演奏をした。確かに上手い。全てを終えて考えるのは、不幸な状況を生き抜くと決めた強い気持ちを持っていたことだ。我々はいろんなことを気にして迷う。こうした点もその子の生き方から大いに学ばねばと痛感した。

     会場は珍しく満員になった。町外からも障がい者に係る人たちが大勢駆け付けていた。ドラマーの名前は、酒井響希(ひびき)という。FOOLIN楽団というのに加わって演奏している。UーTUBEでも見れるそうだ。

     

     午後は天気が良かった。山行きと講演の選択に迷った。講演にしてよかった。帰宅するとあられはまだ帰宅していなかった。うつらうつらしているところに帰宅してきた。

     

    ☆飼料用米の補助金計算

     

     夕刻農水省から通知が届いた。営農組合長あての支払金額の通知だ。開封して内容をチェックする。金額は口座に振り込まれたものと同額だったが、計算過程の計算基礎に疑問を感じた。基礎額が、農協や役場から聞いていた数値より低く、その結果私の計算より低い金額が支払われていたからだ。

     

     役場の担当者に問い合わせるが要領を得なかった。農水省の県事務所に問い合わせて計算基礎について説明を受けた。内容は簡単に理解が出来たものの、そういう説明は今日初めて聞くものだった。計算に誤りがないと理解はしたが、心情的には釈然としなかった。役場に電話を架けた。担当者のその旨説明すると、担当者もそんなことは知らなかったという。引き続き農協にも電話を架ける。同じ反応だった。先日の農事組合長会議では、そういう説明はなくより高めの誤った計算基礎が伝えられていたのだった。

    「資料のその部分は対象の全ての市町村について誤っている。」と指摘した。タケ

    | 食べ物・健康・日常生活 | 07:40 | comments(0) | - | - |