ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 梨の整枝、納屋の整理 | main | 「混声の森」を読む >>
口座確認、自宅周りの片づけ
0

     2019.12.30(月)雨のち晴れ。天気予報が雨のち曇りだったが、それよりマシで日中は暖かかった。夕刻、今年最後の生協の配達がある。その時の体感がまるで春めいた陽気だった。生暖かい日和だった。

     今夜次女が東京に帰還する。本人にとってはあっという間の年末休暇だった。そんなこんなで今朝も家族はなかなか起床しなかった。本当に遅くまで寝坊していた。私は、6時半までに起床して、いつも通りに朝食を摂った。

     

    ☆口座確認

     

     何の口座かと言えば、営農組合だ。年末にまだ経費の精算が残り、振り替えがある。それを反映しなければ決算資料にならない。9時が近づく頃農協の金融課に向かった。郵便局や金融機関は今日まで働いているが、同じ農協でも他の部門は既に仕事納めだ。

     

     ATMで通帳の打ち出しを行う。これで結果が分かった。窓口で口座間の資金移動を行う。こうして、最終の預金残高を印字させた。カレンダーを貰う。

     郵便局の窓口に向かう。ここでも用事を済ませてカレンダーを貰った。今年は手に入れた枚数が減って、デザインはあまり気にせずただ枚数を集めている。

     

     用事を済ませて帰宅すると、あられと長男が起きていた。朝食の追加を食べる。

     朝のうちは雨模様だった。自室で来年年始の予定を確認する。集落で運営協議会という行事がある。来年半年分の行事を確認して、運営方法を協議する。準備関係の分担も決める。そのための会議資料の作成に取り掛かった。前任者から引き継いだ資料を基に、パソコンにワードで打ち込む。一つが、とんど祭りで、もう一つが作品展だ。夕方までにはどうにか出来上がった。

     

    ☆自宅周りの片づけ

     

     昼近くなると雨が上がった。それに合わせたように屋外に出て片づけを始めた。広げていたブルーシートを畳んで棚に収納する。潅水用のぽ丱廚覆謬〆爐眷鴫阿房める。昨日に2個の棚を組み立てたお陰で収納場所にも困らなかった。

     何となく景色の中で見落としていたものがある。これらも中に収納した。あれやこれやと手が掛かり、結構時間を要した。

     

    ☆欅材の切断

     

     長男が私に協力を頼まれていたケヤキ材の始末を言い出した。それを合図にして作業に取り掛かった。先に切断していた木材を納屋に運び込んだ後は、チュエーンソーで塊を切断する。出っ張った部分を切り落としながら中心部に迫る。だが、今日の処は全てを終えることが出来なかった。幹の太い部分は、両手を回しても左右の手が届かないくらいに太い。チェーンソーを角度を変えて何度も射しこまなければ無理だ。くたびれて中断せざるを得なかった。再びブルーシートを掛け直すと、残った大きさがはるかに小さくなった。

     

    ☆正月準備

     

     玄関に注連飾りを掛けた。神棚に祭の枝を置き、山海の珍味を皿に乗せて置く。俄か仕立ての御幣を飾る。この間神社から買ったお札を庫裏の中に収める。こうして例年通りの準備が出来た。最後に神棚に向かって二礼二拍一礼をして完了した。するめの匂いが部屋に漂う。

     今年最後のゴミ出しを行う。明日が回収日だが、ルールが変わり、前日夕刻から搬出可能になった。溜まったゴミを袋に詰めると2袋になった。トラックで搬出した。

     

     夕食後は、長女が乗る夜行バスの時間待ちだった。家族を代表してバスセンターに送る。年末のこの時期、大畑バスで3台編成だ。3列シートだから定員が少なく、3台になる。始初で乗車する人数が少ない。鳥取市での乗車がとても多いらしい。それで3台編成になる。見送って帰宅する道は交通量が少なく、田舎の年末だと感じる。タケ

     

     

    | 食べ物・健康・日常生活 | 06:44 | comments(0) | - | - |