ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 元旦 | main | 梨の整枝と後始末 >>
集落の新年総会
0

     2020.1.2(木)曇りときどき晴れ。2020の幕開けは降雪がなく、比較的暖かい天候に恵まれた。区の集会所で灯油ストーブを焚くと、じきに暑いという声が上がり、切断するという一幕もあった。6時半に起床して新年総会に備える。自治会役員として臨み、今日は特に総会の議事録作成という任務を担っている。発言は控えてひたすらメモを取ることにした。

     

    ☆総会会場へ

     

     会場となる集会所に赴くと、同じ班の一人が入り口で佇む。どうも時間を30分間違えた様で、開始時刻を聞くとすぐに帰宅していった。

     会場には先に一人の役員が暖房の準備を済ませていた。受け付けを引き受けて入り口に陣取る。しばらくそこで集まる区民の名前を確認して名簿にチェックを入れた。最終的に、82世帯のうち約70世帯が出席した。

     

    ☆総会

     

     開始とともに私は持参したメモ用のノートを広げて臨む。会長の指示が不十分で、総会運営の体制が十分でなかった。だが、私は聞き漏らさずにメモを取ることに専念しており、口を挟まなかった。往々にして集落の総会では何事かいろいろあるものだ。

     

     事業報告や決算・予算が特に問題というものはなく、順調に進んだ。後半の「その他」の項目で意見が交錯してきた。その他の項目には、町への申し入れ事項の報告や、新年度の申し入れのこと、集落が抱える問題点などが含まれていた。現状と今後の取り組みに付いて自治会長が口火を切ると、取り組みの進め方の順序が逆だとか、業者見積が先だとかいう区民の思い思いの発言が噴出した。

     

     自治会長は、自身の思惑と違った方向に議論が向くと困惑し始めた。本来は議長が舵取りする訳だが、そこに思いが届かなった。そうなると、議論に収拾がつかなくなって堂々巡りをするのだった。会長の外に、サポートをする副会長のような存在が必要だが、現在の執行部体制では人材がいない。私は、出された発言のメモを取ることに追われていた。(内心は、こういう議論があったということを詳細に残して、後日役員全員が反省の材料にしてもらおうと考えていた。)

     

     繰り返しになるが、こういう会議は年に一度だけ開催の集落の総会では往々にして起こりうることだ。議論の帰趨などはともかく、誰がどういう考えをしているか、そういうことが明らかになるのは無駄ではないと思う。執行部の運営面の反省が必要だが、それも素人集団のことだからやむを得ないだろう。

     発言者と発言の趣旨を綴ると、ノートで9ページを要した。私にとっての総会はこういうことだった。発言は一言もしなかった。

     

     会議が長引くと、トイレが近くなった私は2度用を足した。そのことで目立ったと言える。そのくらい総会の後半部分はダラダラと進行した。用を足す間にメモが途絶えることを気にしたが、トイレの中まで会場のやり取りが聞こえてきた。大きく流れが変わったわけでは無いことが確認できた。

     

    ☆懇親会

     

     各世帯ごとに区費で用意された弁当が配られ、希望者が会場内で飲食をする。それが懇親会だった。高齢になった世帯や、日頃馴染みの少ない世帯は弁当を抱えて帰宅する。3分の1程度の世帯主が残って飲食した。

     

     体調管理もあってこのところ飲食を控えていた私は、今日ばかりは飲まざるを得ないと考えて臨んだが、体調が十分ではなかった。飲み始めてすぐに酔いが回ってブレーキが掛った。注いでもらう量を少なめに場を繋いで過ごす。

     それでかどうか分からないが、全体にそういう雰囲気が広まって午後1時を過ぎるとお開きになった。こういうあっさりした懇親会は初めてのことだった。皆お疲れさんということか。

     

    ☆二次会

     

     二次会といっても、数人であるお宅にしけこんで飲食をしながら談笑する、というものだ。帰宅して昼寝でもしようと道を急ぐ間に携帯に誘いが着信した。方向を変えてその中に合流した。そこから夕刻の5時まで薄めた焼酎で飲むうち先ほどの不調な感覚が消えて行った。ゆっくりと、だが確実に酔いが進んだということだろう。総会を振り返りながら、区民の人物評に移り、町内の様々な情報交換をして盛り上がった。(酔いが醒めたらこれらの情報は忘れるのかな)ふとそんな思いになった。

     

     帰宅すると家族が夕食中で、私は弁当の残りで済ませた。今日の総括をあられの前で披露するが、相手にされず早々と就寝した。タケ

    | 食べ物・健康・日常生活 | 08:42 | comments(0) | - | - |