ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 梨の整枝と後始末 | main | 資料作成、自治会運営協議会 >>
柿の剪定、農事組合新年総会
0

     2020.1.4(土)雨のち晴れ。正月3が日が終わった。今年の正月は、土日の関係で5日前が正月という感覚になる。

     6時半に起床した。勿論魔族は夢の中だ。コーヒーを淹れて一階の階段の下からそれを告げる。これが私の朝のメッセージだ。

     

     今朝、時に意識したのが一昨日に行われた自治会の新年総会の議事録作成だった。早めに仕上げなければ次から次に発生する仕事に紛れることになる。朝食後の早い時間帯に作成に励んだ。出来るだけ進めて、今日のうちに大方の目途を付ける積りになった。

     

    ☆柿の枝の剪定

     

     先日に梨の対応を終えたことで、ようやく柿の作業に取り掛かれる。手始めに、短い時間だが、長男を誘って取り掛かることにしていた。長男が起床して準備ができるのを待ちながら議事録作成に励んだ。長男は、昨年の今頃から柿の剪定だけは手伝ってくれており、大体の要領は覚えていた。2,3のポイントを説明すると、すぐに飲み込んだ。

     

     9時開始と前日から約束していた。ところが、朝食後すぐに雨が降り始めた。(駄目かな?)長男が準備をして促したが、空模様が悪く様子を見ることにした。結局10時頃まで待って出かけた。

     

     取り掛かったのは他集落にある圃場からだった。面積が最も広く、なによりそこに脚立を置いていたからだ。木々の幹には苔がびっしり付いて惨めな眺めだった。昨年別の圃場で取り組んだバークストリッパーを使って奇麗にしてやらなければならない。

     指導会で学んだ知識を振り返るが、実際に樹木の枝を前にすると戸惑いが隠せない。取り掛かりはどうしても時間が掛かる。要領を掴むか、或いは細かい判断に見切りをつけるかすれば作業が早くなる。素人農家はそういうものだろう。

     

     一方長男は、鋸を頻繁に使っていた。亜主枝が多いと思って余計な枝を落としているのだろう。やり過ぎにならないだろうかと気になるが、任せるほかない。

     11時を過ぎて一旦区切りを付けた。1時間余りの作業だった。

     

    ☆議事録の作成

     

     夕刻の行事まで時間があった。それに控えて農作業はせずに、朝から取り掛かった議事録の作成に時間を使った。文字のポイントや業の揃えなどは考えずに、ひたすら改行を繰り返して文字を打ち込んだ。とはいっても速度は鈍った。ノートに殴り書きしたメモの字が自分で記録したにもかかわらず読めないからだ。どうしても読めない文字があった。文面からその場の流れを思い出す。すると、こういう文字かなとようやく分かる。これを何度か繰り返した。どうにか総会の閉会と時刻を入力するところまで終えることが出来た。従って、午後は夕刻までこうして時間を過ごした。

     

    ☆農事組合総会

     

     集落では自治会と農事組合の総会がいわばセットのようなものだった。だが、昨今は離農が進んで農家であるという意識を持つ家が減った。いつの頃からか集落の一部のメンバーが行う総会に変貌している。始末の悪いことに、依然として農家である家でも、共同を嫌い自分流を貫く農家は総会への出席を嫌うようになった。早い話が、組合の役を回されるのが嫌なだけだ。そんな中で長年に亘って定年就農した私が組合長をさせられている。改選の度に再選される。

     

     死霊は既に準備が出来ており、組合長挨拶も考えていた。3時半ころ会場に出向く。会計担当の役員が懇親会の料理を引き取る。エアコンを入れて区内放送で3度目の案内を流す。

     出席状況は例年通りで、多くもなく少なくもなくという状況だった。定刻の4時、予定通りに開始した。議長選出や議事録署名人など総会の形式は崩さずに運営した。組合長の挨拶では、我が国の食料自給率と食用米生産目標との関係や、わが県が栽培を始めた新品種の「星空舞」の状況を話題にした。

     

     議事は特に問題はなく、順調に進んで総会は短時間で終了した。すぐに懇親会に切り替え、飲食に移った。一昨日の自治会総会と比べて私の体調は悪くなかった。のど越しよく飲み、食べ、語ることが出来た。場が大いに盛り上がって、食べ物が無くなるとそれが終了時刻だった。5時頃から始めた懇親会が7時過ぎに終了して、散会した。残った食材は、2名ほどでかき集めて持ち帰った。酔って帰宅したあとはいつも通りで取り留めなく時間を過ごす。タケ 

    | 農業 | 09:16 | comments(0) | - | - |