ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< JA主催「ほのぼの旅行」に参加 | main | 柿の剪定 >>
JA「ほのぼの旅行」2日目
0

     2020.1.17(金)晴れのち雨。相部屋の4人は、特に鼾もかかずぐっすり眠ることが出来た。朝方、内の中がからからに乾いていた。してみると私が鼾をかいたかもしれないと懸念したが、エアコンをかけ続けていればそういうことになる。誰もそれらしいことを言わなかった。

     昨晩の痛飲にも拘わらず、皆見事に回復していた。流石に飲み方を心得ているというべきか。

     6時過ぎに起床して、朝食の時間待ちをする。7時、揃って食堂へ向かう。バイキング形式だが、夕食に比べて大変美味でメニューも豊富だった。昨今は、あれもこれもと皿に盛る人は少なく、自分の食べたいものだけを選んで食べる人が多くなった。旅慣れた人は、珍しさが無くなっている。私はまだその域ではない。料理を中心に皿に盛った。ただし、量を加減して、それぞれ一口程度にした。

     

    ☆京つけもの近為

     

     宿を立つとものの5分ほどで漬物屋に到着した。漬物工場の前に展示スペースとレジを置いただけの店だった。多くは、出荷している。早速旅行客が群がって何やら買い求めることになった。恐らく、旅館では漬物は買わない。漬物屋だから買うのだろう。

     

    ☆谷性寺

     

     光秀ゆかりの寺だ。別名キキョウ寺という。季節が訪れると、紫や白のキキョウが畑に咲き誇る。それを観光客が眺めにやって来る。あまり大きくはない。田んぼに挟まれた小さな道を歩いて訪れる。この時期キキョウは咲いておらず、ただ普通の小さなお寺ということになる。光秀の首塚が祭られている。読み仮名は、こくしょうじ。

     

    ☆出雲大神宮

     

     最初にこの名前を見たとき、何だこれは、と思う。島根県にれっきとした出雲大社があるではないか、と。ここも、縁結びの神様を祭る。どうもいわれがあり、出雲という名の最初がここで、出雲大社は此処の名前を貰ったとある。正確なことは分からないそうだが、こちらが先だと当地では言っている。出雲大社は、かつて別の名前だったそうだ。

     

     神社の裏が山になっている。そこを上がっていくと、巨大な岩がただ一つ転がっている。神座と書いてカミノクラと読む。神の石とされ、大きい注連縄が掛けてある。

     

    ☆京丹波町「やまがた屋」

     

     ここで摂った昼食も昨日と大差がなかった。辛うじて、ご飯が黒豆のご飯だった。後が煮さばに味噌汁という定食だった。料金をケチっているということだろう。ビールを飲んでごまかす。

     ここでも皆土産を買いあさる。

     レストランと土産店が合体した施設だが、中にミスドが入っていた。コーヒーを注文する。カップですか、紙コップですかと聞かれて紙コップを選ぶ。するとテイクオフで5円安かった。支払いは既に精算機に切り替わっていた。コインを投入口に入れて支払う。

     

    ☆福知山城

     

     ここもみつぃ英ゆかりの城だった。実に小さなお城で、恐らく城の中に立てこもることは明治の時代までなかっただろう。城主は、その後も代々引き継がれて幕末まで至る。

     

     ここでの話題は大河ドラマのPRや石垣のことだった。光秀が領主となり築城するときに石が足りなかった。そこで、寺院や墓地の墓石を集めて利用したという。石垣を良く眺めてみると、墓石がいくつもはめ込まれているのが分かる。全国でもこういう城は例が限られているようだ。

     

     ガイドが84歳になる塩見さんという方で、この地には塩見という名が多い。というのは、光秀が福知山城主になる前の城主が塩見家だからだ。あと5年くらいはガイドを続けるという。案内されて後を付いて上がるが、我々が息を上げているのに対して、この方は全くそういう気配がなかった。

     ここが最後の観光になるが、かなりの距離を歩かされた気がする。体には良かったようだが、移送中のバスの中は皆居眠りをした。

     

     もと来た道順で帰途に就くが、町内に到着するまで雨は降らなかった。温かく、天応には恵まれたツアーだった。明智光秀に関する知識を少しばかり得たのが収穫か。食の方はさっぱりだった。タケ

    | レジャー・探訪 | 13:17 | comments(0) | - | - |