ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 資料印刷、入院見舞い | main | 葬儀出席、柿の剪定 >>
柿の剪定
0

     2020.2.1(土)晴れ。早くも2月に突入した。今年の12分の1が過ぎ去った。振り返れば1月もいろいろあった。中身が詰まっていただけに、目まぐるしく過ぎ去ったという感じだ。2月もいろいろ予定が入っている。気が抜けない。

     

     昨日は農作業をせずに移動ばかりしていたが、却ってその方が疲れるのだろうか。目ざめが遅かった。7時過ぎ慌てて飛び起きた。

     昨日手に入れた「手首式血圧計」で計測してみる。やや高めだった。退院してまた高めに戻ったようだ。動き出せば高くなるのは当たり前か。

     説明書を読んで理解したことがある。手首式での計測で注意するのは、手首を水平に保つ。しかも、心臓と同じ高さで止めるそうだ。そういうことをこれまで全く意識していなかった。

     

    ☆柿の剪定

     

     朝食をゆっくり摂る。その後柿畑へ出かけた。昨晩考えたのは、剪定が済んだ畑に切り落とした枝の収集が済んでいない。だが、全て終えてから次の畑に移るのではなく、取り敢えず剪定だけを先に済ませてその後で枝を集める。その方が柿の木にとっても望ましい。暖冬でやがて春めくと芽が動き始める。

     

     という訳で今日は二番目の畑へ向かった。隣の畑は既に剪定が済んで、枝があちこちに集めて積んであった。圃場内の草が全面黄色く変色していた。これは、除草剤を散布した結果だ。1週間程度前に撒かれたようだ。私は大体果樹園には撒かない。今年は、方針を変えて圃場の周辺くらいは撒こうと思う。

     

     忘れ物をしていた。帽子だ。農作業をするとき特に果樹園では頭が危険だ。よく枝にぶっつけて頭皮にかさぶたをこしらえた。仕方なく、用心しながら作業をした。

     

     例年取り掛かる順序で作業を始めた。今年はもう迷いはなかった。すぐに残す枝をこれと決めれば、素早く切り落としていく。脚立に乗って作業する枝に時間が掛かった。

     

     隣の畑の奥さんがやって来た。夫が切り落とした枝を小さい束にまとめている。後で縛って償却場所に運ぶそうだ。奥さんは、「これは我が家では私の仕事ですから。」という。

     私は今日、大きい布バケツを持参した。脚立の上から中に枝を落とす。バケツが満杯になると畑に入り口辺りに運んで積み上げた。

     

     その奥さんい聞いてみた。「明日の演芸大会には出席ですか。」「はい」「新型肺炎でマスクをしながらという話を聞いたが、どうですか。」「マスクをしてはやりたくない。」その奥さんの演技は集団でやる日本舞踊だ。「着物を着てマスクなんかできますか。それにカラオケをやる人は出来ないわけだし。」それはそうだ。そんな話をしてしばらく時間を潰した。

     

     11時半を過ぎて作業を中断した。帰宅すると、少々疲れ気味だった。

     

    ☆午後も柿畑へ

     

     昼食後しばし居眠りをした。外は日が照り、暖かい。午後も続きをせねばと再び柿畑へ向かった。明日は葬儀で出掛ける。作業をする時間が取りにくい。今日出来るだけ進めるしかない。

     

     柿畑に車を停めたとき、忘れ物に気付いた。今度ははさみと鋸だ。仕事道具を忘れてきた。一旦引き返すと、道具入れそのものが私の部屋に置いてあった。道具箱に戻していなかった。

     

     改めて柿畑に戻り作業に没入した。4時半頃に区切りを付けた。この畑は山の峠にある。夕日が遅くまで当たる。だが、4時半で止めた。終日作業をした疲れを感じて、夕食を待つ間居眠りをしていた。短期間の入院でも退院直後は疲れやすいのか。

     

    ☆資料の修正

     

     夜のことだ。寝るまでの時間を使って何かをしようと考えた。営農組合の決算で近々会計監査を受ける。その資料を用意することにした。領収書を専用のノートに張り付ける。資料に振った番号と合わせながら時系列的に貼り付けて行った。

     

     その途中で思わぬ事態に出くわした。これまで何度も点検したはずの数値の誤りに気付いた。その項目について修正を施す。資料全体の修正を済ませて、現預金など全体の整合性を検証してようやく確定させることが出来た。どこかで私が勘違いをしていたのだろうが、誤った数字が紛れ込んだままになっていた訳だ。ヒヤリとさせられたひと時だった。タケ

     

    | 農業 | 08:19 | comments(0) | - | - |