ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 陶芸教室、OB会役員会 | main | 総会資料の印刷、柿の剪定 >>
総会準備、営農組合会計監査
0

     2020.2.6(木)雪、時々曇り。今朝起床すると雪景色だった。最低気温が久々にマイナスを示した。ただ、降雪量が少なく地面の温度が低くないために道路の雪はほぼ融けていた。屋根の上や畑や田んぼの中は真っ白だった。

     

     昨夜、飲んで帰宅する際は吹雪だった。朝からの雪景色は想定内だった。思ったほどでなかったのが救いだった。2,3センチでも積もれば私は自治会役員として除雪機を出動させることになる。飲んで帰宅した翌朝はゆっくりしたかった。

     長男は、寒風の中を自転車で出勤していった。二日酔いはなかった。だが、体がシャキッとしなかった。朝はゆっくりくつろいで過ごした。

     

    ☆総会準備

     

     昼食後雪の止み間を見計らって農協へ出かけた。金融課で現金を引き出す。組合員に対する受託農地の地代を総会当日に支払うため、その準備が迫っていた。金種を揃えて出金した後は、個人別の明細や受領書を作成して現金と共に封筒詰めする。毎年恒例の作業だ。

     

     金融課で手続きを済ませると、共済課でトラックの自動車保険の更新手続きをした。組合員課で柿出荷組合の総会会場の優待券を発行してもらった。これを持参すると料金の割引が受けられる。

     

     帰途、陶芸教室へ寄ると、先生も参加して昨日の仕上げの最中だった。私は、傘立てならぬ巨大な花瓶の状況を確認した。寒さのせいなのか、胴体も蓋もまだ柔らかく乗せることは出来なかった。それを確認すると教室を後にした。

     お茶を入れて貰って昨夜深夜まで飲んでいたことを告げると、その場の人達は皆驚きの声を上げた。まるで病人扱いだった。

     

     帰宅してからは、寒さに耐えて時間を過ごす。エアコンが効いてくると飲み疲れからか眠気に襲われて居眠りをする。そうするうちにあられが公務から帰宅した。

     

    ☆会計監査

     

     一昨日に延期となった会計監査を今夜受けることになっていた。午後7時開始のところ早めに暖房を入れて待つ。2名の幹事は早めに到着してすぐに開始した。内容は割愛するが、いろいろ雑談を交えて短時間で終える積りが、終了したのが1時間後だった。これで明日は資料の印刷ができる。

     明日もまだ冷え込む予報だ。寒さもこれまでの暖冬に不安を感じる人が多く、何となく一安心という受け止めだった。タケ

    | 食べ物・健康・日常生活 | 07:37 | comments(0) | - | - |