ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 総会資料の印刷、柿の剪定 | main | 農業委員会送別旅行 >>
誕生祝、営農組合総会
0

     2020.2.8(土)晴れのち曇り。急に天気が良くなって平地ではほぼ雪が融けた。夕方に営農組合の総会を開催する。午前中から夕方までは待機モードだった。

     

     あられより先に長男が起きてきた。早速新聞を手に取ってめくっていたが、あるコラムで眼を止めて急に話し出した。勤務する会社の現状につぃてだが、読んだコラムの内容と比べての発言だった。

     私も会社勤務の経験が長かった。そこから長男の話を聞きながら自分の考えを述べる。経験の差があるのだが、今役に立つ知恵を得ればそれに越したことはない。そういう気持ちで話し合った。

     

     その時に感じたのが孔子の言葉だ。「耳従う」という言葉だが、孔子は60歳でそのようになったという。耳従うということは、他人の言うことを素直に聞き入れることが出来るということで、自分の判断や首長が邪魔をしないということだ。最近自分がややそういう感じになったと思う。講師より10歳遅れている。しかし、現代は年齢より精神的に若く、成長も遅い。そんなことを考えた。

     因みに孔子は70歳になって、「自ら欲するところに従って、それが自然の理(ことわり)に反しない」ところまで来たそうだ。

     

    ☆誕生祝

     

     この間あられが誕生日を迎えた。60何歳だが、その祝いを家族でしていなかった。大体は揃って食事をする。ところが、いろいろ用事が重なって先延ばしになっていた。そのことを急に思い出した。お疲れ気味の体調にも配慮して、急遽今日実行することにした。

     

     だが、誕生日の祝いに相応しい食事処というのがなかなか見当たらず、思案した結果少し前からオープンした倉吉市内の「打吹天女」という店を選んだ。初めて訪れる店だ。

     昔市民や周辺の住民に愛された街の象徴のようなレストランがあった。いまはとっくにそれも無くなって跡地としての呼び名だけが残っていた。それを新たに町興しの一環として活用することになったものだ。

     

     運営をすべて任されたのが、芝で全国的に有名な「チューブ」だ。県と市の補助を受けながら運営を引き受けている。

     

     味と見た目はまずまずという印象だった。少しずつだが品数が多く、やや軽めかなと思うが十分な量だった。特徴が地元食材をふんだんに使った野菜中心のメニューだった。食事を終えるとすぐに帰宅した。

     

    ☆営農組合総会

     

     午後は自宅で待機した。5時開始の処、懇親会用の食材を受け取るために4時前から出かけた。区内放送で開催の念を押す。

     食材を受け取ってから暖房を入れて組合員の集合を待つが、15分前になっても誰一人顔を見せなかった。最初に、今日の来賓が揃って到着した。

     

     開始時刻になっても10名しか集まらず、規約で定めた決議の要件を満たさなかった。だが、2名ほどは電話で委任を伝えられており、それをもって有効という解釈をした。(まあ、こんなもので問題なかろう)と結論付けた。そのうちに遅れて出席した人が居て、14名に及んだ。

     

     総会決議は順調だった。提案通りに承認が進み、時間が掛からなかった。会計監査の報告では、問題点を述べたいと言っていたがその発言がなかった。そこで敢えて発言を促すと、監査人からは「遠慮する」との返事だった。

     

    ☆懇親会

     

     昨年度の取り組みへの入ろうと、新年度への景気づけの意味があった。飲食がすすみ、食べ物は完璧に無くなった。その時点でお開きとしたが、若手から私を慰労したいという声が掛かった。要するに夜の街に出ようと云う誘いだった。

     断る理由もなく、若手の中心メンバーと出かけることになった。行きつけの店にに腰を落ち着けるが、結局は梯子になった。大いに飲んで歌い、時間はどんどん経ってやがて日付が変わった。

     

     翌日は早朝に集合して出かける用事があった。慌てて帰途に就く。帰宅するとそのまま就寝した。タケ

    | 農業 | 08:29 | comments(0) | - | - |