ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 農業委員会送別旅行 | main | 木工クラブ、柿の剪定 >>
作品展の準備、柿のロウ付け、農業委員会総会
0

     2020.2.10(月)曇り時々雨。起床時刻の頃、実に気持ちよくなかなか起きられなかった。結局あられに起こされた。

     二日酔いから回復すると頭もスッキリして元気が出る。やや眠気が残る。完璧に回復とは言いにくい。天気予報では、午前が雨、午後が曇り、夜に雨とあった。雨がときどきあられに変わったが、だいたいそんな天気だった。朝、長男は止み間に出かけて行った。夜、降り始めて結局は車で迎えた。

     

    ☆作品展の準備

     

     気になっていることがあった。しかも二つだ。一つは先日行った総会の後の懇親会。後片付けがまだだった。といっても、アルコールの持ち帰りだが、次回の会合用に私が管理している。残った瓶を確認すれば、結構な量を飲んだことが分かる。ビールの空き瓶があった。要返却だ。一旦これらを持ちかえる。空き瓶はこの後幼児で出掛ける際に持ち寄って返却する。

     

     もう一つ気になっていたのは、作品展のことだ。9日が締め切りで申込書を回収する。その数によっては更に出展者を探さねばならない。

     確認すると、60作品しかなかった。目標が80作品だから、20作品程足りないことになる。自治会長にそのことを話して、二人があと10作訃ずつ出店を促すことにした。

     

     前回に出展した人の名前と比較する。今回出されていない人宛に電話を入れる。何人かそうしてお願いした結果、10作品の追加が達成できた。その旨を自治会長に伝え、あとは彼次第ということにした。

     

    ☆柿のろう付け

     

     輝太郎柿の接ぎ木をする。4月以降の作業だが、芽吹く前の枝を使うためにこの時期の剪定枝を利用する。暫くの間冷蔵庫腕保管する関係で切り口を楼で固めて保護をする。そういう作業だった。

     

     午後に組まれた行事だが、私が農業委員会があるために、農協担当者と枝を頂く農家には12時半の開始にしてもらった。早めの昼食を終えて作業場所に向かう。3人だけで蝋付け作業を行った。30本くらいを確保できただろうか。ひとまず準備が整う。それぞれに礼を言って次の場所に向かった。

     

    ☆農業委員会総会

     

     時間調整が上手くいかず、30分以上前に到着した。昨日のバスツアーと同じメンバーで今日は会議を行う。元気になったところを見て貰おうと思ったが、敢えて質問などを控えた。従って、以前から役場に尋ねてみようと思った質問すら省いてしまった。

     

     今日の会議では、総会の前に農家民泊のPRがあった。推進協議会の会長と役場の観光交流課の担当者がプロジェクターなどを使って話した後、私が追加で体験談や、取り組みの本来の目的などを話した。これで少しはアシストになったと思う。

     

     議事が少ない割に会議は長くなり、4時半を過ぎて終了した。余り発言しないようにと構えて臨んだが、そういう訳にはいかなかった。議論が膠着してくると、我慢が出来なくなって進行を早める提案をした。やむを得ない。

     

     夕刻雨が降って長男を剥開けた。ということは天気に依らず明朝は送りだ。タケ

    | 食べ物・健康・日常生活 | 16:24 | comments(0) | - | - |