ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 案件の消化、柿の剪定、確定申告準備 | main | 農協座談会、農協理事推薦委員会、公民館分館を考える審議会 >>
通院、柿の剪定他
0

     2020.2.13(木)晴れ一時曇り。夕刻に雨が降るとの予報だったが、これは完全に外れた。

     今朝も私が最後に起床した。眠い。今朝着るのは外行きの衣装だ。通院の予定があった。とても大事な通院だった。朝食後は通院時刻まで時間の余裕があった。そこでひと仕事をした。

     

    ☆鳥カル研修会

     

     今回初めて聞く名称だった。つまり、鳥取カルチャー研修会というのだろう。文化団体協議会の事務局をし始めてから、やたらと連絡書類が届く。今回は、研修会の案内だった。書面には、「加盟団体からは2名以上の出席をお願いしたい」と記されていた。絶対に2名という訳ではなく、その程度はという気持ちだろう。協議会の役員に連絡してみると、会長さんが出席するとの意向だった。私も、今後のつてを得るために敢えて出席を決めており、どうにか2名の確保が出来た。出席者の報告をFAXで行った。

     

    ☆通院

     

     今日の通院の目的は先般入院して切除したポリープの細胞検査結果だった。目視の段階では良性のようだと言われており、あまり気にしてはいなかった。だが、絶対ということはない。少しだけ緊張感を抱えて通院した。

     

     患者が多かった。待合の椅子が殆ど埋まっていた。9時半の時間指定を受けていた。9時17分頃血圧を計測する。自宅で計測する数値より高かった。

     その結果を持って順番を待つ。ところが、10時半が目前になっても名前を呼ばれなかった。どうしたのだろうか。余計な不安心理が芽生えた。細胞診の結果が良くないのだろうか。こういうことを考えざるを得ない様な状況だった。

     

     看護師を呼び止めて聞いた。すると、患者が混み合っているという。そして、声を掛けた直ぐ後に名前を呼ばれた。さあ、結果はという意気込みで診察室に入る。結果は良性だった。(ヤレヤレ)ただし、これで終わりではなかった。腸のポリープを切除した跡は完治まで1か月ほど掛かるという。面積が大きかった関係で、再検査をしてみようということになった。その後の状況や、果たして新たなポリープが発生していないか、そうした目的でやると言われた。やむを得なかった。

     

     その後、検査キットを一式貰う。その際の説明は一切要らないと断る。十分理解しているからだ。

     

     もう一つ目的があった。頼んでいた給付金請求用の診断書を受け取った。薬局で投薬を受けて、約2時間かかった。それほど混んでいた。結果をあられにLINEで送ったが、反応はなかった。

     

    ☆ハローワークへ

     

     少し前に厚労省から届いた書類を返送する際記入事項があった。かつて雇用保険に加入していた頃の被保険者番号だ。それを照会するために寄り道をした。窓口で係員が端末で検索すると、私が勤務を始めたころからの記録が全て入っている。バカでかいハードディスクの容量だろうと思う。

     ここでの照会に手間取った。提出書類の記入方法を尋ねたからだ。厚労省が設けた記入欄の意味がハローワークでは分からないようだ。部署が違えばそれも当然だろう。

     

     帰り道、保険のセールスに電話を架けて、診断書で手続きを促す。今夕の訪問となった。

     

    ☆柿の剪定

     

     昼食後3時間は作業をしようと柿畑へ出かけた。気温がやけに高く、上着を脱ぎたくなった。会長に作業を進めていた時、何か雨粒のようなものが一粒落ちた。気温がぐっと下がり、空一面に灰色の雲が広がった。雨かなと感じる。今にも降りそうだと考え、すぐに作業を中断して帰宅した。1時間余りしかやっていなかった。すると、雨は降らず、時間の経過とともに晴れ間が出てきた。何とも皮肉なものだ。

     

    ☆診断書の不備

     

     夕刻訪問予定のセールスを待つ間診断書の内容を眺めていると、記入漏れの箇所があった。まさかという思いで見直すとやはり漏れがあった。というのは、保険会社に勤務していた関係で、こういう書類には馴染みがあった。

     

     病院へ電話を架けて担当職員に訳を話すと、病院のパソコンに残る控を確認してあっさり不備を認めた。再作成するということで決着した。

     もう一件慌てて電話を架けた。セールスの訪問をキャンセルした。思いもよらないドタバタ劇だった。

     

    ☆確定申告書類完成

     

     夜には昨日に続きをする。医療費を集計して入力を追加する。それで申告書類が完成した。17日が申告受付初日で、すぐに対応できる。明日は3つの会議がある。そこで発言するとすれば何を言うべきか考えてみた。手帳にメモを記入した。タケ

    | 食べ物・健康・日常生活 | 07:24 | comments(0) | - | - |