ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 確定申告、柿の剪定、農政委員会 | main | 陶芸教室、農協理事推薦委員会、柿の剪定 >>
木工クラブ
0

     2020.2.18(火)雪。昨夜から降り始めた雪は、数センチだけ積もっていた。冷え込みが弱く、雪は溶け始めていた。道路は溶けて畑や田んぼ、木立の江田などは水気を含んで重くなった雪を残していた。だが、その後も雪が降ったり止んだりを繰り返して、積もるところには積り、道路は水浸しになった。

     

     小雪が降る中、長男を送る。早朝の道路には人通りがないと新たな轍を作る。トラックで4駆に切り替えれば全く問題はなかった。

     

     あられも今日は9−4時の公務があった。フロントガラスの雪を払えば通行に問題はなく、一人で出掛けて貰った。

     

    ☆木工クラブ

     

     先回、一人で活動した。今日も、雪が降った関係か二人しか参加しなかった。先回やり残した蓋物(食籠)の修正を行った。逆目でこしらえた傷が多く残る。紙やすりで時間を掛けて削る。粒度100番のペーパーの次は240番という具合だ。

     

     100番のペーパーが無くなった。仕入れ先になる鉄工所のおじいさんに携帯で電話を架ける。10シートを注文した。

     指導者の方と3人でお茶を飲んで休憩した。その後も磨き続けたが、全てを除去できず、あきらめた。角度のある面を削る際は、刃物を木材に当てる具合の調整が難しい。逆目は特に傷ができやすい。平面を垂直に削るとき以外の技術がまだまだ未熟だ。

     

     今日は、その辺りは諦めが良かった。残る時間で別のものに取り掛かった。厚さが2センチほどのケヤキ材で鍋敷きを作る。作業自体は楽な作品だ。その割に出来具合では品のある作品が出来上がる。手ごろな木材を探して片面だけ削り磨きを仕上げた。そこで時間ぎれになった。

     

    ☆昼食

     

     もう一人のメンバーと外食することになった。その方も奥さんが留守だった。2台の車で近くの中華店による。ところが、今日は定休日だった。結局、それぞれ帰宅して食べることにした。雪の天気がそうさせたようなものだ。帰宅して早めの昼食を摂った。

     

     天気はフィッタり止んだりを繰り返した。時折晴れ間が出る。それまでに降った雪が一気に融ける。雨だれの音と共に雪ずりの落ちる音がドスンドスンと響く。これが結構な音量だった。そして、その後また空が曇って雪が降るという状況だった。

     自宅でエアコンを入れてのんびりする。用事を思いだして外出する。送金やトラックの給油等を済ませてまた帰宅する。寒い。温かい飲み物をこしらえて飲む。部屋が温まるまでそうして凌ぐ。

     

     夕方4時を過ぎるとあられが帰宅した。雪道はどうということではなかったが、車がのろのろで手間取ったという。夕食前、私が自分から長男を迎えに出た。知らせを待たずに、会社の前まで走り、そこで退出するのを待った。15分程するがなかなか出て来ない。ラインを入れて待つ。ようやく出てきた。仕事を切り上げてきたという。「まあ、それも良かろう」と取り合わず帰宅した。

     暖冬が続いたせいでかなりこたえる寒さだ。タケ

    | 食べ物・健康・日常生活 | 07:27 | comments(0) | - | - |