ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 雨天でひと休み | main | 寒の戻り? >>
陶芸教室、農作業賃金検討会、楽しもう会
0

     2020.2.26(水)雨、曇り時々晴れのち雨。ころころと変わるややこしい天気だった。終日予定がある。農作業はせず、予定の合間に報告書類をを整えることになる。

     不燃粗大ごみの日だ。6時半、トラックで大量に搬出した。昨年壊れた扇風機や掃除機などだ。殆どが粗大ごみでなく小型家電だった。当番がおらず、ゴミステーションの中に専用のコンテナを広げてその中に収めた。コンテナは結構大きさがあり、全てその中に納まった。

     早朝、小雨が降っていたが、長男が出社する頃には止んで自転車で出掛けて行った。夕方は迎えになると思う。

     

    ☆陶芸教室

     

     8時半、民芸実習館に入館して石油ストーブに点火した。先回に完成した巨大な角瓶は完璧に乾燥していた。気持ち縮んでいるように見えたもののまだ巨大だ。先生に見せると、明らかに巨大だと思っているようだ。このくらいないとダメだというアドバイスに忠実に従ったのだが。

     

     今日私は仕上げ作業が残っていた。取り掛かり中の茶碗とコーヒーカップだ。濡れタオルを巻いてビニール袋を掛けていた。寒い季節の中で感想は防げた。かなり柔らかく直ぐには仕上げ作業に取り掛かれなかった。暖房が効いて乾燥が進むのを待った。

     

     あられも仕上げが残っており、用事の後で遅れてやって来た。メンバーも寒さが災いするのか遅れてやって来た。

     

     今日も午後の予定の為、午前中のみ参加する。従って、仕上げ作業だけで終える予定だった。お茶の時間の後から削りに専念して、2作品の作業を終えることが出来た。手び練りだけに形はいびつだが、厚さを薄くすることが出来た。

     今日収穫があったのは、ろくろに乗せた状態で中心が上手く取れたことだ。手回しろくろでも、中心が取れていれば結構形が良くなる。正午ごろ帰宅した。

     

    ☆農作業労働標準賃金検討会

     

     文字通りの作業労賃を検討する会議があった。メンバーの主体は農業委員であり、選抜されたメンバーで原案を作る。何故私が初めてメンバーになったかと言えば、農政委員長だからだ。間に合わせの任命のようなものだ。従って、特に方針も何もない状態で臨むしかなかった。

     

     作業労賃は、二面性がある。受託作業者には高い方が良い。委託農家には安い方が良い。高ければ委託数が減る。こうした状況を勘案しながら適正価格を定める。

     そもそも適正価格がいくらかは誰にも分からない。年々据え置きや増額を繰り返して現行基準が存在する。その水準をどうするかというのが具体的な作業になった。

     

     加味する要素がある。県の最低賃金の変化だ。少しずつ全国的な傾向を引きずって県下の水準も引き上がる。その傾向を反映させるかどうかを話し合った。もう一つは、消費税率の変化だ。機械を使用する作業が殆どで、燃料代等の値上がりを考慮する。残る要素は、昨年に増額したかどうかだ。また作業自体が今後も委託されるものかどうか。こうした要素を頭に入れながら全ての項目について順次決定案を出す。合議の為、見解の相違もあるが話し合いで解決する。1時間半ほどで作業を終えることが出来た。

     夜の行事に備えてまっすぐ帰宅した。

     

    ☆集落の楽しもう会

     

     集落の有志が集い、地区の活性化のために遊びの時間を創出する会だ。集落の外にもアピールして参加者を得ている事業でもあり、今年度の計画や会費の納入という目的で開催した。

     

     開始時刻が遅く(午後7時)、飲食をしながらの話し合いだった。飲み物は自前で用意することになり、私も少しビールを持ち込んだ。

     年間の取り組みが凡そ定まり、飲食歓談を勧めた。新メンバーが加わった。メンバーの枠の広がることが目的の一つであり、歓迎すべきことだった。

     

     話し合いの中で(アルコールの後押しもあったが)私が数人と共に遊休農地を活用してそば栽培にチャレンジすることになった。無事収穫が得られたら年末のそば打ち大会を開催する。他にも、幾つか行事を計画して散会した。

     

     夜が更けようとしていた。帰途、誘われてあるお宅に数人でしけこんだ。会の続きの歓談とはならずに、個性的な人物の自己主張をたしなめる場になってしまった。後味の良くない飲みだった。帰宅すると家族は就寝中で、私もそのまま寝入った。タケ

    | 食べ物・健康・日常生活 | 08:40 | comments(0) | - | - |