ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 柿の剪定 | main | 雑用をして過ごす >>
柿の剪定(終了)
0

     2020.3.1(日)晴れ。天気は良かった。外はポカポカ、屋内はまだ寒い。日曜日で用事もなく、外出も自粛ムードで農作業しかなかった。

     残りが少なくなっていた。2月中の完了が出来なかった。今日から3月だが、幸い天気が良かった。急いで片付けろと言われているような天気だった。

     

    ☆柿の剪定

     

     日曜日だが、集落では集会所の掃除があった。当番が我が班で、奥さん方が分担する。それを忘れて、ゆっくり寝かせておこうと一人でパンとコーヒーの朝食を摂るが、あられが慌てて起きてきた。掃除があった。私が食べている間に出かけて行った。

     あられの帰宅を待って柿畑へ出かけた。朝の気温が低かったが、すぐに体は温まった。脚立の上り下りだ。スマホの着信音が鳴る。電話ではなくラインだった。発信している正体は分かっていた。会社の同期入社のグループだ。暇な連中で、話題があると盛り上がっている。着信音が度々鳴ってうるさかった。こちらはそれどころではない。

     

     2時間ほど経って中断したが、残りがごく僅かになった。午後またやってくれば短時間で済みそうな量だった。

     

    ☆交通傷害の取りまとめ完了

     

     昼食時に最後のお宅から訪問を受けた。手続きをあられに頼んでいた。これで今年の分担が終わった。

     

    ☆剪定作業を終える

     

     午後も少し休んでから柿畑へ向かった。脚立の上がり降りは変わらなかったが、1時間ほどで作業が完了した。圃場全体を眺めると、かなり切ったはずだがそれでも空いた空間が狭いと感じた。切り落とした枝は、袋で度々運んで1か所に積み上げている。

     ようやく終わった。3月1日に終えたことに非効率と時間を惜しんで取り組んだ努力の両方が現れている。

     

     この後は、最初の畑で切り落としたままの枝を集める。全ての枝をトラックで運搬する。それが済めば、置いただけの藁を気の周り匂いレイク。そしてようやく元肥をやる。のんびりしておれない。

     

    ☆外出

     

     昨日首相が声明を述べた。ドタバタで決めた様な危機感をあらわにした声明だった。記者の質問は、事前に数人の記者に割り振って内容を届けさせていたそうだ。回答は役人がメモにして用意していた。割り振った人数が終わると質問時間を打ち切った。ぎくしゃした会見だった。

     

     わが県ではまだ感染者が出ていない。一斉の自粛も程々で良いように思う。大人数のいる中に出かけなければよいと思う。

     あられを誘って夕方にガソリンスタンドとディスカウントショップに出かけた。ガソリンを満タンにする。あられは薬局などをはしごする。何処にもマスクがなかった。それだけではない。除菌液、トレットペーパー、ティッシュペーパー、除菌液入りウエットティッシュなどは売り切れだった。何故ティッシュペーパーがと思うが、まとめ買いの群集心理が働いた結果だ。全国一律が馴染めない。

     

     実は、政府が専門家委員会に打診して受け取っていた方針が、今回の一斉休校だった。2月24日のことだ。昨日の声明までに1週間近くかかっていた。提案に対して決断できなかったという。何故なら、いつまでこの状況を続けるのかというはっきりした答えがないからだ。自粛や休校が2週間に決まったのも根拠はないそうだ。地元で行う総会や委員会は休む訳にはいかない。野党が言うように県単位で見ても状況が異なる訳だから、それぞれの管理に任せるのが良い、と思う。タケ

    | 農業 | 07:26 | comments(0) | - | - |