ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 柿の剪定(終了) | main | 通院、自治会役員会 >>
雑用をして過ごす
0

     2020.3.2(月)晴れ時々雨。平均気温が少し上がったように思える。それでも屋内は寒い。屋内の方が寒い、といってもおかしくない。昨日に柿の剪定が終わったこともあり、一休みの感があった。その中で、目の前の用事を消化するといういつもの過ごし方になった。

     もう3月で、暖冬暖冬と言っていた季節の進み方にブレーキが掛ったような気がする。春寒の折というこの時期の枕詞があるが、まさにそんな感じだった。

     

    ☆雑用

     

     8時過ぎ、米の引き取りに出かけた。それまでは食卓でのんびり過ごす。引き取り場所には先客が一人だけだった。暫く待って2番目に受け取る。今年の保有米の消化が早目だ。秋ごろややもすれば追加購入が必要だ。農協の担当者に取り敢えず頼んでおいた。

     

     帰宅すると書類を抱えて再び出かけた。まず公民館だ。文化団体代表者会議の資料を印刷して貰った。北栄文芸の原稿を担当職員手渡した。公民館長に、4月7日に開催する文化団体協議会総会の来賓として招待する町長と教育長への文書を渡す。

     

     近くの銀行に回る。ここではかねて予定していた「因伯と」グループの銀行口座開設手続きをした。必要書類があった。団体の規約だ。前回の会合で修正内容を最終的に確認してその日付を入れた。通帳の新規作成には時間が掛かった。30分ほどの時間を要した。

     

     あるホームセンターに向かった。目当てはコンプレッサーだ。トラクターのタイヤ圧が下がってタイヤがへこんでいる。年に一回以上空気を充填する必要がある。これまでは、農協の農機センターに乗り付けて空気圧を上げていたが、農機センターの合併で距離が遠くなった。一般道を走る手間がなかなかのもので、自前の空気入れを持とうと考えた。

     ネットのかき込みに面白いものがあった。ポンプ付きの自転車用空気入れでも対応可能という記事だ。生憎ポンプ付きは持っていない。ただ、それだと車輪一個について50回以上ポンプを押さねばならないという。4厘で200回以上となれば気持ちが引いた。そこで、コンプレッサーの手ごろなものを探すことにした。

     

     出かける際にタイヤを調べて、必要な圧を確認する。前輪が200kpa、後輪が160kpaと表示されていた。kpaのkはキロで、200キと160キロということになる。

     

     ホームセンターの店頭には安価なコンプレッサーが展示されていた。店員を呼んで訳を話し、そのコンプレッサーの取り扱いを聞いた。こういう機械は大体取り扱い説明書が雑だ。何が重要か、機能が揃っているかいろいろ聞いて大体理解した。鉄の大きいタンクが重い。こんなものをどこに置こうかと迷っていると、店員が殊勝なアドバイスをした。ポイント1倍の日があるらしい。その日まで考えたらどうかというものだ。それを聞いて、そのまま店を出た。

     帰宅後にネットで検索するといろんな機種がある。問題は、軽く安くだが、どのくらいタイヤに入っているかを示す機能と、自動設定の圧までは行ったら自動的に停止する機能がついているのが良い。ところが、接続で躓いた。コネクションが仏米式と英式に分かれるとあった。我々はどちらを買い求めればよいか。自転車は大体仏式だそうだが、、、、。際限なく疑問が生じる。

     

    ☆神の剪定枝の拾い集め

     

     残る作業で枝拾いがあった。あられはのんびりしたらという。のんびりしたいのはやまやまだが、誰もしない仕事は少しでもやっておく。それが農家の務めだと言いながら出かけて行った。

     

     降ったり止んだりからピタッと止んだ。布袋に枝を拾って詰める。不規則に広がった枝はハサミで切り分けながら詰め込む。重くなったら、畑の入り口まで運ぶ。そこに山積みする。これを5回繰り返して1時間半ほど掛かった。低い枝で2回頭を打った。作業は終わらなかったが、5往復は負荷が大きかった。続ける気を無くして中断した。

     

     出たり入ったりして帰宅した時、一休みするといつの間にか居眠りをしていた。心地よい眠りだった。

     公民館で聞いた話が脳裏に残る。町内のある集落で作品展の行事を中止したそうだ。コロナに伴う自粛行動だと分かる。その集落では大分役場に気を使ったようだ。

     夕方のニュースで知るところでは、休校は首相の独断専行らしい。根回しが出来ていないところがそれらしい。先の先まで思いが届かない人物が元首の国はこの先どうなることか。タケ

    | 食べ物・健康・日常生活 | 07:32 | comments(0) | - | - |