ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 県中央柿生産部総会 | main | 陶芸窯出し、土地改良区総会、農事組合長会長会議 >>
柿の粗皮削り他
0

     2020.3.24(火)晴れ。昨日に続いて晴天になった。田の乾燥が進む。予定がないため、残っている柿の粗皮削りを視野に入れた。元気が残っていれば筍でも見て回ろうかと考えた。

     燃えるごみの日だが、昨日夕刻に歩いて搬出した。今朝の搬出がない分気楽だった。今朝、5時を過ぎると目が開いた。窓の外はまだ暗い。6時にはなっていないことは分かった。暫くすると列車が通過した。5時半だと分かった。もう少し寝ていようと考えたが、目が覚めていた。早めだが起床して、そのついでに二人に向けて声を掛けた。「朝だ、起きろ」「まだ早い」あられが応えた。

     

    ☆柿の粗皮削り

     

     朝食後暫く寛いでから柿畑へ向かった。昨日からの放射冷却で肌寒い。冬の着込みで出掛けた。

     今日の体調は良かった。ひたすら削り続ける。途中から風が出てきた。風上に立って作業を続けた。枝に着いた芽がますます膨らんできた。時々、削る粗皮の下に隠れた害虫の幼虫を掻き出す。こういうところには居るものだと再認識した。

     

    ☆4月の農業委員会のこと

     

     作業中に思い出して事務局に電話を架ける。4月10日に行われる総会の後に例年行われる懇親会のことだ。コロナ騒ぎで中止が続く。一方、他の会議も割り込む。重複を避けるために再検討を頼んでいるが、この際どういう予定なのかを確認した。事務局長から当面の予定を聞く。

     

     電話の後はまた作業に戻った。休みなしで時間以上作業して、後中くらいの木が3本というところまで来た。すべてやれば後1時間だと計算する。流石に疲れを感じてその段階で中断した。正午までまだ時間があったが、やる気を失った。

     帰宅すると、あられは玄関の掃除をしていた。靴類の整理や三和土の埃ふき、古くなった傘の廃棄などで、正午近くまで頑張っていた。

     

    ☆雑用

     

     昼食後にあられを筍堀に誘った。生えているかどうかを確認するだけだが、この時期猪が人間より先に漁っている。あられには拒否された。「例年4月に入ってから掘っているのに、、、。」が返事だった。

     代わりに、精米を頼まれた。玄米を別の袋に詰め替えて出かけた。ついでに民芸実習館に寄った。焼成室に入る。窯の扉を開けてみた。一見して、窯の中に異変はなかった。ひとまず安どした。明日の活動で窯出しをする。

     

     教室には、業者から粘土が届いていた。請求書を抜き取り代金の支払いをする。郵便局に寄って送金した。早く支払わないと決算に反映できないからだ。

     

     最後に精米を終えて帰宅した。これで今日は出かける気力を失い自室で時間を過ごした。今日も夕刻になって電話が入る。世間では人々が働いている。

     

    ☆相続登記

     

     相続が済んでいない農地について法務局に登記申請を行う。関係書類は貰っていたが、面倒くさがっれ目を通していなかった。帰宅した後の時間で資料に目を通す。手続きは自分でやる積りだ。法務局に電話を架けて予約を入れる。何と、3月中は一杯だという。相続案件がいかに多いかということだ。4月7日が最も早いタイミングでその日を予約した。それまでに書類を整える。タケ

    | 農業 | 07:48 | comments(0) | - | - |