ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 柿の粗皮削り他 | main | 柿の粗皮削り他 >>
陶芸窯出し、土地改良区総会、農事組合長会長会議
0

     220.3.25(水)晴れ。天気が良かった。だが、終日予定があってどんなに天気が良くても農作業は出来なかった。

     朝食後時間待ちをしながら娘と電話で話をした。親と子の話だったが、何処にもいろいろあるものだ。

     

    ☆陶芸教室

     

     今日は月末の定例活動日で、窯出しをする日だった。焼成にトラブルがないことは昨日に確認していた。定刻に民芸実習館に入った。先週まで使った石油ストーブは必要がなかった。

     建物の玄関先に積まれた粘土を教室内に運び込む。一袋が20キロだ。そうしてメンバーが集まるのを待った。

     

     9時を過ぎるようやく人が集まり始めた。そのタイミングを待って窯出しに取り掛かった。私の作品は以下の通り。

    窯出し

     7作品だ。気になっていたのは左端の花瓶だ。余りに大きすぎる。先生の指示に従ったが、どうも大きすぎた。この後本焼きをしてどのくらい縮むかによる。昨晩から、この瓶に施す色付けを考えていた。その下ごしらえを午前中の残った時間でやった。黄色いのはマスキングテープで、市松模様に張った。出来上がりは黒と緑の市松模様にする。

     

     形の変わった花瓶が他に2個、茶碗が1個、コーヒーカップが3個だった。

     このところ、電動ろくろを使うメンバーが多くなった。デザインはともかく、仕上がりが随分変わった。見た目が対大変良くなった。今のところ私は電動ろくろを使う気がない。

     

     今日は珍しいことがあった。高齢者ばかりの教室に2名ほど若手がいる。そのうちの一人が先般出産した。初産だ。今日まだ2か月の赤ん坊を連れて教室を覗いた。暫くするうちに、若い母親は色付けに夢中になった。赤ん坊は90歳を過ぎたお婆さんがあやしながら寝かしつけた。自宅で最近ひ孫をあやしているという言葉通りだった。

     

     正午前にあられと共に帰宅した。

     

    ☆土地改良区総会

     

     1時半から開始のところ1時過ぎに会場に赴いた。受付で、3時半に退出したいと述べる。次の会議が控えており、その時刻までに決議が終わらないと見込んだからだ。

     議長が選出されて議事が淡々と進む。単調さに目がしょぼしょぼとして涙が出た。突然咳が出た。この時期は咳一つでも気になる。

     総代になってから二期目を迎えており、書類の内容が良く分かるようになった。我々が関係する用水の状況が議事の進行に伴って明らかになるのだった。

     

     3時半を少し経過した頃、よっやく全てに議事が終了した。その時点で荷物をまとめて会場を後にした。

     

    ☆農事組合長会長会議

     

     中部地区1市4町から10人ずつの農事組合長会長と副会長が集った。これで20名だ。農協から組合長以下執行部が20名、併せて40名の大所帯の会議だった。勿論私にはすべてが初めてのことだった。どの顔を見ても初対面ばかりで、組合長と一部の農協職員しか面識がなかった。

     

     4時から1時間余りかけて、この会の会長と副会長を選任した。まさかと思ったが、地域の順番で私は副会長に選ばれた。選任後から前のひな壇に座らされた。

     会議は、昨年度の水稲栽培の実積と新年度への取り組みの再確認や、個別の課題について説明が行われた。その中で、元も頭が痛いのが大型農機の運転のことだ。道交法が改正されて、大型の農機を運転する免許を「大型特殊」と決められた。その免許がないと、無免許運転となり、持っている免許がはく奪される。そうなれば、軽トラックも運転できなくなる。大型農機には定義がある。トラクターやその他の農機は高さと前後の長さで決まる。また、公道を走るためにはバックミラーが2個ついていること、ブレーキランプが点くことなど細かい条件もある。

     

     事故防止が目的だが、農家には大問題で、大型農機で作業をしている人が慌てて大型特殊免許の取得に大わらわになっている。頭の痛いことだ。

     終了後全員で写真撮影をする。日本海テレビの取材があった。マイクを手に持つキャスターの女性は、これまで画面で見知った人だった。声を掛けた。「よく拝見していますよ。最近NHKから移ったのですね。」それに対して返事があった。個人情報だから内容は省く。「まあ、頑張ってください。」と言って後にした。

     

     まっすぐに帰宅したが、終日動き回って疲れを感じた。最後の会議では、知らない人ばかりの中で緊張もした。天気が良いのは明日までのようだ。「そろそろ田を打ったら。」あられに言われた。そうしたいが、雨が止んだ4月早々からやる積りだ。タケ

    | 農業 | 07:24 | comments(0) | - | - |