ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 陶芸窯出し、土地改良区総会、農事組合長会長会議 | main | 雨天に雑用 >>
柿の粗皮削り他
0

     2020.3.26(木)晴れ。明日から雨という予報が信じられない好天になった。晴れ続きでかなり田も乾燥して、所々にトラクターの稼働する光景になった。それを尻目に別の作業で明け暮れした今日一日だった。

     

     疲れていた。湯明けまで目が開かなかった。あられが先に起き出す物音に気付いて後に続いた。だが、今日ばかりは特に予定がなかった。最近用事がある日に集中する。従って、残っている農作業を進めることにした。私は本当に少しずつしかやらない。

     

    ☆粗皮削り

     

     長男が出社してから出かけた。早くから取り掛かることができる。夜明けが早くなって気温も高い。残る柿の木は3本だけだった。気温が上昇したために、粗皮の下から害虫の幼虫がゴソゴソと這い出して来た。今なら、殺虫剤を撒けばイチコロだと感じる。

     

     8時半を過ぎると電話が掛かった。農業委員会方だ。昨夕掛かっていたようだが、マナーモードで気づかなかった。気付いたときには時間が遅かった。

     用件は、4月17日に農政委員会を予定してよいかという打診だった。打診する諸事情があったからだが、取り敢えずそういうことにした。

     

     この後、粗皮削りが時間を掛けずに終えることが出来た。トラックに戻ると、隣の畑の農家が25馬力のトラクターで耕耘作業に取り掛かっていた。一休みで雑談をする。話題は大型特殊免許のことだった。今頃の騒ぎは誰でも知っている。話を聞けば、その農家ははるか以前に大型特殊免許を取得したそうだ。その頃は簡単な試験だけだったようだ。

     

     雑談を終えてから最後に藁のロールを運んだ。圃場に運び込んだ時は入り口辺りに置いて、そのままにしていた。先日除草剤を撒いた。それがようやく効き始めた。藁の束は何度かの降雨で濡れてとてつもない重さになっていた。運搬は、転がすしかなかった。

     レーキという農具を持参した。これで引っ掛けて転がす。引く力だからまだましだった。圃場内に均一に配置して帰宅した。敷く作業はまたのことにした。

     

    ☆雑用

     

     藁のロールを転がす作業では大汗をかいた。昼食後食卓に着いたままの恰好でうとうととした。久々の居眠りだった。

     

     目を覚ましてから、雑用を思い出した。近隣の徐同社工場に電話で支払金額を聞く。この間頼んだ高速洗浄機のホースの修理代だ。13時を過ぎてから訪問して、現金で支払う。

     自動車工場の駐車場で自治会長と電話で話す。4月の自治会役員会で取り上げる案件についての相談だった。

     

     農協の金融課で立て替えて支払った修理代を引き出す。営農組合の通帳を記帳するが、役場からの入金はなかった。産地交付金が3月中には振り込まれるのだが、遅い。

     

     役場の支所に寄って、印鑑証明書の発行を受けた。ついでに、陶芸教室の視察研修で利用する福祉バスの利用日を特定した。

     

    ☆稲わらの運搬

     

     帰宅して、履物を長靴に変えるとすぐに別の柿畑に向かった。そこに運んだ稲わらも入り口辺りに置いたままだった。

     天気が良かった。レーキで転がす作業は汗をかく。上着を脱いでひたすら転がす。後ろ向きに進んで体が低い枝に当たると、先端についていた結果母子がポロリと落ちた。こういうことだ、と動き始めた芽の脆さを実感する。

     

    ☆筍の確認

     

     稲わらを運んだ後で竹林に回った。そこは例年早めに筍が生える竹林だった。中を歩いて気付いたのは、昨年同様そこここにけつが開いて、それが猪が掘った穴だと分かった。旬の筍は今年も猪に攫われた。もう少し先にならないと収穫が出来ないと悟った。

     

     こうして夕方を迎えて帰宅した。あられは、私が終日働いているためか、台所の中の整理をしていた。時間が経てば物が乱雑になる。定期的に整理をしなければならないのだろう。あられも私もその後疲れて居眠りをすることになった。

     

    ☆農事組合役員会

     

     稲わらの運搬中に思いついたのが農事組合の役員会だった。農機の大型特殊免許のこと、田植前の堰上げのことなど水稲栽培の作業開始を前に話し合うことにしている。日程を確認しながら一人一人の役員に連絡をした。タケ

    | 農業 | 07:10 | comments(0) | - | - |