ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 梨の防除、農事組合役員会 | main | 稲わら敷き >>
梨の防除、他の見回り
0

     2020.3.30(月)曇りのち晴れ。気温の低い日だった。最低気温が2度で、最高気温は13度だった。朝方の眠りが心地よく、起き辛い。あと少し、あと少しとぐずぐずする。それでも6時過ぎには起床した。

     

    ☆梨の防除

     

     昨日やろうとして農薬のないことに気付く。結局今日に延ばした。始業前の8時半過ぎに農協の資材センターに車を着けた。それに気づいてか、職員がシャッターを上げる。上がり切るのを待たずにくぐって事務所に入る。

     昨日が業務の休みで防除作業が出来なかったことをアピールした。農薬を受け取って水汲み場に向かった。

     

     準備を終えて梨畑へ到着した。ひと目見て、1本だけ梨の木の生育が遅い。古くなった大木だが、他の木はそうでもない。何が原因なのか良く分からない。

     準備を終えて散布を始める。手順はいつも通りで30分ほど掛ければ終了する。ひとまず気になっていた作業を終えた。

     

     年末に植えた苗木は順調に生育している。新芽が黄緑色になってきた。根の活着が上手くいっている証拠だ。ついでに地続きの隣の農地を覗く。ここには輝太郎柿の苗木を新たに2本植えた。新芽が色づいていた。柿の苗期も活着に成功したようだ。帰途、水汲み場でタンクやエンジンを洗って帰宅した。

     

    ☆雑用

     

     熱中小学校の第4期の授業料の振り込みがあった。4月から新学期だが、うっかりしていて月末になった。地銀のATMで口座間の振り替えで処理した。

     

     農協の金融課に向かう。ここでは手続きがいくつかあった。まず、高速洗浄機の利用料振替に関する契約書の調印を行う。注文を出していたが、農協側では応じないとのことであきらめた。

     

     農協の関連貨車になっている農機センターで修理を依頼した。修理代を口座振替するために、口座振替依頼書の手続きが必要という。これまでこういう対応は不要だったが、今年度からそのような取扱いに変更されたようだ。しかも、振り替えには手数料が必要だ。これだと、現金で支払った方がましだと思いたくなる。止む無く手続きをして、金融課家から農機センターに回してもらった。

     

     通帳の確認をすると、今日は流石に入金されていた。米で飼料用米の産地交付金だ。年度末ギリギリの支払いになった。こうした対応を終えて帰宅すると、昼までの時間は余り無かった。

     

    ☆普及所の担当の異動

     

     中部地区で農業振興のための指導をする県の職員が異動することになった。普及員と呼ぶが、職に就いて2年間という短さだった。営農組合の総会では招待して懇親を深めた。後任と共に自宅を訪れた。昼食後の居眠りから覚めてぼんやりしているときに面会した。我が営農組合はこうした専門家の協力が必要だ。

     

    ☆田の見回り

     

     これから耕耘やら施肥などの水稲栽培が始まる。それらに先立った、個々の圃場について問題が無いか見回る。このところ例年行っている。整備作業は先送りして、今日は取り敢えず取水口や排水口の点検に絞った。

     

     点検して気づいたのは、このところ多く降った雨水が溜まって作業できない圃場が多いことだ。それには原因があった。乾燥が十分でない状態で次々と作業を進めると、大型農機の轍が残る。そこが雨水のたまり場になって乾燥が遅れる。こうした状況が悪循環になると、なかなか抜け出せない。

     

     もう一つ気になることがあった。昨年の刈り取り後秋耕耘を行う計画を立てた。しかし、天候に恵まれずごく一部しか実行できなかった。それだけに雨水の排出が上手くいっていない。排水口を点検した時にまさかの状況に遭遇した。ある区画の圃場全体が、排水口を閉じたままだった。これでは雨水の排水が出来ない。乾燥が進まない原因がこういうところにもあった。

     排水口の外を見れば更に問題が見つかった。排水路の中は泥で埋まっていた。2年前にこの場所のどぶ浚えをした。今年も一斉作業でやらなくてはならない。

     

     別の区画に移動するとき、問題の区画を担当した組合員とトラックですれ違う。ウィンドウを開けて、問題点を告げる。特に反応がなかった。内心はがっかりした。

     今日の見回りの相方は、各自任せは駄目かもしれない、という。誰かが全体を管理すれば理想的だが、現実的ではない。

     

     2時開始で4時を過ぎて打ち切った。60筆以上ある大小の圃場全てを見て回ることはできない。予定消化を良しとする。タケ

    | 農業 | 07:12 | comments(0) | - | - |