ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 田のゴミ焼却、田の耕耘 | main | 陶芸教室の総会、田の耕耘 >>
文化団体協議会総会、相続登記、農済役員推薦会議
0

     220.4.7(火)晴れ。暫く天気が安定している。雨がない分気が楽だ。だが、今日は農作業は出来なかった。朝昼晩とそれぞれ用事を抱えていた。昼の行事に備えてすべきことが残っていた。早朝にそれをこなすために、いつも通りに起床した。

     

    ☆書類整備

     

     午後法務局で相続登記手続きを行うために、持参する書類の整備が残っていた。昨夜はある程度目途を付けてから就寝した。今朝、残りの部分を仕上げる予定だった。

     委任状、相続関係資料、登記申請書は不備を解決した。これで大丈夫だと感じて作業を終えた。(実は、相続登記に欠かせない遺産分割書類がいつのまにか作業から抜けていたのだが、この時点では気付いていなかった)

     

    ☆文化団体協議会総会

     

     コロナの関係で開催してよいか気にしながら当日を迎えた。何処からも中止を促す声が掛からなかった。それが救いだった。

     

     10時開始だが、準備が多くなった。三密を考慮して、会場を研修室から講堂に変えた。当然広くなるだけでなく席配置の間隔を開ける。椅子も机もまるっきり設営しなくてはならない。高齢者の多い執行部でもあり、私は一人で準備をするためにかなり早めに公民館にやってきた。窓を全て開ける。テーブルを配置していると徐々に役員が集まって、最後は共同作業になった。各席にお茶簿ボトルや総会資料を配る。入口に受付を設け、出席表を置く。これで準備が完了した。

     

     会種の少し前に町長と教育長が到着した。会所後の挨拶で町長が、軒並み中止になったり、規模縮小で来賓不要という会議ばかりだった。久々の会議だと本音を述べた。続いて挨拶した教育長もコロナの話から始まった。コナンのふるさと館は1か月間の閉館だ。 

     

     出席者は30名だった。50名を意識して用意したが、コロナの影響もあって少なくなった。だが、今日、誰も役員はそれでよいという気持ちになっていた。(密触を回避するためだ)

     総会は淡々と進んだ。1時間で全てを消化することが出来た。新規に加盟する団体の紹介も行った。問題なく終了したことに満足して散会した。

     

    ☆一人で昼食

     

     帰宅すると早めに一人で昼食を摂る。あられは終日公務で外出していた。食後は予定時刻までうつらうつらした。

     

    ☆相続登記手続き

     

     今朝整備した資料を携えて法務局へ出かけた。2時の予約で5分前に到着した。すぐに応対してもらい、用意した資料を示す。手続きに至る積りだったが、担当職員の話を聞くうちにしょるにの不備があることに自分で気づいた。全く理解していなかったことや、単なる漏れ、そして今日の手続きとは別の地目変更の手続きとどういう手順で取り掛かるかなど、大変ややこしい話がのしかかってきた。私は手続きというスタンスでやってきたのだが、結局は相談レベルにしかならなかった。

     理解を深められたことに礼を述べる。次は、書類の提出という段階になった。

     

     思いのほか時間がかからず、中途半端に時間があった。ホームセンターに寄って野菜の種を購入した。早生タイプの夏野菜だが、空いている畑に播くつもりだ。4月に播種、5月から6月に収穫と袋に表示されていた。

     

    ☆お茶を呼ばれる

     

     あるお宅に届け物があった。立ち寄るとお茶を勧められた。時間の余裕があり勧めに応じた。話がつい長くなった。スマホのことやパソコンのことなど、年寄りには荷が重いIT機器が話題だった。

     ふと気づけばあられが帰宅する頃で、慌てて辞して帰宅した。あられは既に帰宅して、私がどこで何をしているかと疑心暗鬼になていたようだ。

     

    ☆農済役員推薦会議

     

     農済とは農業共済のことで、保険部門の関連組織だ。農協本体と同じような組織体制を運営して、役員選任過程も煮た方法でやっている。農協の理事推薦会議に出たことと重なるような役回りだった。私は、町内で地区ごとの順番が回ってきただけで、共済部長をしていると自動的に総代に決められたものだ。

     

     早めに会場に到着する。担当盆課長から根回しを聞く。つまり専任の段階で提案してほしいというものだ。選べれる候補者は私が良く知っている人で、人財的にも申し分ない。快く引き受けた。

     

     一通りの議事運営が進み、肝心の段階になると私は挙手をして自分の考えを述べた。もし他に推薦すべき人がいなければだが、案の定その通りになった。

     

     会議を終えて、推薦された役員候補と梨のことで雑談する。その農家は、11ヘクタールの梨圃場で栽培している。聞いたのは、元気のない梨の木のことだが、可能性が高いのは病だった。一部、暖冬や、春先の低温で発芽から開花が遅れている木もあるようだが、そうならマシだが、果たして。

     地域担当の職員が名刺をくれた。そこで、私の前職が保険会社だと明かして言う。「保険の精神は相互扶助だが、農家にはそういう発想がない分、いまいち訴求力が弱い。」担当に意味が分かったかどうかは聞かなかった。

     会議は30分ほどで終了し、夕暮れの中帰路を急いだ。

     

     夜、夕食後は明日の陶芸教室の総会で出欠確認を行った。既に出席と聞いている人は除き不安のある人への確認だった。認知に問題があるお宅では、家族が付き添いで参加と言われた。そうしてでも本人の希望をかなえてやりたいという家族の思いが伝わった。タケ

    | 食べ物・健康・日常生活 | 07:17 | comments(0) | - | - |