ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 田の中耕、梨の防除、農政委員会 | main | 雨で休む >>
文化団体協議会代表者会議、田の中耕
0

     2020.5.15(金)晴れのち雨。雨がいつ降るかが問題だった。それによって、農作業の進捗が変わる。

     午前中は文化団体協議会の代表者会議があるため、その時刻までゆったりした朝を過ごした。従って、起床も6時前だった。長男は自転車で出勤した。夕刻に雨が降るという予報で、迎えが必要になるかもしれないと話した通りになった。

     

    ☆「菜種」編集長に連絡

     

     先日急遽投稿記事を依頼されて提供した。その内容は青年農業者研修の開催についてだった。昨夜農政委員会で話し合い日程変更をした。その内容を改めて連絡する必要があった。既に決定しているはずの原稿の修正が必要だったからだ。7時過ぎという早い時刻の電話だが、相手が農家で遅くなると通じない恐れがあった。

     

    ☆文化団体代表者会議

     

     9時半開始のところ、8時半ごろに出発した。会計担当の役員宅に回って便乗してもらう。会場に到着してから設営作業を想定した。ところが、運よく会場には机や椅子が既にセットされていた。時間が余ることになった。

     

     今日の代表者会議では、7月に予定している合同発表会の開催をどうするかという点が最重要課題だった。このところのコロナ自粛が背景にある。その影響で各団体の活動も殆ど停止していた。中止か延期か、延期の場合はいつにするかこれが決定すべき事項だった。

     

     欠席の連絡を貰っていた団体からは意向をすでに聞いていた。今日出席の代表者から順次意見を求めて一覧表に集約した。意見交換の内容も踏まえて最終的に9月開催に延期することになった。日程も、19日をオープニングとした。この日に向けて各団体で準備に取り組むことになった。

     

     会議の大半がこれで消化できたのだが、併せて何点かの確認を行った。まず、開催時に自粛の要請が続いていた場合、いわゆる三密への対処方法はどういう内容になるかについて話し合った。正式には、さらに細かく検討して改めて発表することになる。

     

    ☆サークル紹介

     

     地元ケーブルテレビの媒体を使って、協議会加入団体のサークル紹介を放送してもらうという話を提案した。元々既存サークルのメンバー募集という意味もあるが、コロナ自粛で思うような発表が出来ない場合はテレビ媒体での発表を行う。無観客のネット中継なるものが新しいスタイルとして登場した。こういう趣向だが、事務局として私がひとまとめで企画をするにしても、各団体が足並みをそろえなければ実現しない。そこで、そういう趣旨や、具体的な内容を説明して、方向性として取り組んでみることに前向きな感触を得ることが出来た。勿論各団体とのすり合わせや了解を得ることを前提とする。

     先日、ケーブルテレビの関係者と電話で話し合ったが、過去にもそういう試みが試されたようだ。ところが、テレビ局が個々のサークルを相手に取り組んだために、サークルごとの温度差があり、結局はその試みもとん挫したという。要するに、取り纏めの存在が無いからだと思う。協議会であれば事務局がある。私がそれなりの対応をすればまた違った効果も期待できると考えた。

     

     本日のレジメを配布した段階では何のことかと出席者が訝ったと思う。話を聞いてさらに驚いたと思う。少しずつ気持ちが向くよう働きかけて実現したいと思う。

     

     その他にも何点か話し合って1時間余りで会議が終了した。思いの外順調に運んだという感触を得た。

     

     会議からの帰途、役場に寄って発表会会場の予約を取り消しと再予約の両方手続した。帰宅後は、公民館長に電話で、新しい開催日のオープニングで町長や教育長の日程確保を依頼した。これで今日の山を越すことが出来た。

     

    ☆田の中耕

     

     今朝の段階では農作業はやる気がなかった。ところが、他の組合員が今日も中耕作業で働いていると聞き、私もじっとしておれなくなった。今夕から雨の予報で、暫く作業が出きなくなるという懸念からの取り組みだ。

     

     自宅周りの3筆を夕刻まで掛けて耕耘した。途中で小雨が降り始めた。構わず作業を続ける。一旦雨が止んでさらに継続するが、最後の圃場で急に雨足が強くなった。だが、止めるわけにはいかず、濡れながら最後まで作業を続けた。雨の中をトラクターに乗って帰宅した。ずぶ濡れだった。

     

    ☆鳥取県展のこと

     

     今朝ネットで確認すると、県展開催の案内が登録されていた。9月6日が申込日だ。3か月余りの日数がある。拭き漆回数を20回やり切る余裕がある。よし、頑張ろう。

     夕方久々に拭き漆作業をした。2作品の作業を終えたとき長男から迎えの電話が入った。ひとまず作業は中断した。タケ

    | 食べ物・健康・日常生活 | 07:00 | comments(0) | - | - |