ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 集落の堰上げ、取水と代かき | main | 田植2日目 >>
代かき2日目、田植初日
0

     2020.56.2(火)晴れ。暑い日になった。その分日焼けも国、首の周りが真っ赤になった。入浴時にヒリヒリした。

     起床時に感じた疲れは腰の違和感だった。トラクターの上では座り続ける姿勢だからだろう。就寝中は出来るだけ寝返りを打つようにした。それで少しでも疲れを緩和しようとした。

     

     5時に起床して、即時前にまず取水状況を見て回った。昨日のうちに取水が出来ない圃場が結構あったからだ。今日何時頃に取水できるか予測するが、なかなかその通りにはいかなかった。当面取水の必要のなくなった堰板を外す。

     

    ☆代かき

     

     7時に田植担当が始動する。それまでに資料を示して説明することにしていた。面積の狭い圃場の代かきに取り組んだ。時過ぎには終えて朝食にする。時間は余り掛からず、朝食にありつく。

     

    ☆田植

     

     今日のオペレーターと補助員が集まる。昨日に代かきの終わった圃場を地図で示した。20圃場以上が終えている。作業が捗れば20圃場出来るかもしれない。60圃場を3日で終えられるかどうかというところだが、例年何かトラブルがある。

     作業の進め方は関係者で話し合って決めた。

     

     夕刻6時半ころ作業を終えるオペレーターに話を聞く。15圃場しか終えられなかったという。それには訳があった。ある圃場でトラブルに見舞われたそうだ。取り掛かって2圃場目の水田で、田植機の右の車輪が大きくめり込んだという。圃場内に細く深い溝があるらしく、二度はまり込んで抜けられなくなった。知恵を絞ってどうにか脱出したのだが、機械の一部を破損した。初日からトラブルとは何とも情けない。圃場の欠陥だが、それが何かはさっぱり分からない。

     

    ☆代かき

     

     今日も時間が空けば代かき作業に集中した。朝のうちから苗が乾燥し始めて、新江に電話で頼みごとをした。水かけだ。始めはジョロで掛けていたが、ある農家の奥さんからアドバイスされてバケツで一箱ごとに掛けると教えられた。非力のあられには結局辛い作業になったと後で聞かされた。

     

     代かき担当の働きで大多数の圃場が終えることが出来た。取水が進まない圃場など僅かになった。明日から田植が終わった圃場に水を張る作業も出てくる。水路が詰まって水が出倍圃場がある。詰まった穴はまっすぐではない。どういう器具で穴を通せばよいか考えなければならない。取水が終わっていないようなら朝一で対処する。

     

     今日自治会の定期役員会が行われた。私は田植作業の関係で欠席した。事前に自治会長に議題を提供していた。作業が上手くいかないこともあり、ぎくしゃくしてきた。私の力不足なのだろうが、どうにも都合の付かないこともある。タケ

    | 農業 | 18:11 | comments(0) | - | - |