ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 梨の防除、高齢者運転講習、水田の修復他 | main | 梅の収穫、柿の指導会、梨の袋掛け >>
梨の袋掛け、定期通院他
0

     2020.6.16(火)晴れ時々曇り。降水確率0%の日だった。今日は午前中に定期通院があった。その他はあられと話し合って計画を立てた。それが梨の袋掛けだった。

     

    ☆袋掛け

     

     5時起床、そのまま梨畑へ出かけた。昨日までの続きに取り組む。ひんやりした空気が心地よい。ただ眠い。従って作業ペースはのんびりとしたものだった。早い時間帯で人気が無かったが、突然エンジン音が響いた。察しがついた。梨農家が、SSという乗用タイプの散布器で圃場内を走っている。広い圃場が短時間で片付いて出て行った。そこからまた静寂が戻った。

     1時間余りして6時半頃帰宅した。帰宅して朝食を摂る。

     

    ☆取水量の調整

     

     通院時刻を待っているとき、ある組合員から電話が入った。ある水田で水が入り過ぎて溢れているという。すぐに対処すると答えて電話を切った。溢れた原因は、幼穂の量が急に増えたことと、その前に堰板を一枚私が追加したからだった。

     堰の場所に急行して、バールを使って堰板を一枚外す。水量が多くなかなか持ち上がらない。足場も悪い。渾身の力を籠めてようやく持ち上げた。板を外すと流れがさらに速く低くなった。圃場の取水口は閉めていたが、それを乗り越えて侵入していた水が止まった。ヤレヤレ。

     

    ☆通院

     

     行きつけの病院に通院する。投薬を受けるのが主目的だった。前立腺肥大の薬と降圧剤だ。そして今日は、別に診断書を一枚書いてもらう必要があった。

     昨夕、食後に血圧を測ってみた。このところなかなか計測しなくなった。数値は79−139だった。随分と良い。

     

     病院で計測しようとしたが、混み合って空かず、あきらめた。

     

    ☆診断書の依頼

     

     今日の診断の前に診断書の作成を頼んだ。それは、今年の秋に更改時期を迎える狩猟免許のために必要だった。訳を話して申し入れると、受付で頼んでくれということになった。受付に回ると、診断書は診療内科でと言われ、そこでの空きを確かめると今日何時から診察が出来るか分からないと言われた。

     実は3年前に免許を取得した時は町中の医院で頼んだ。総合病院は診察ごとに部所が分かれて、診断書すら所定の部署で作成する決まりだ。「どこか小さな医院で頼んだ方が早そうだ。」「そうですね。」こういう経緯だった。

     

     簡単な診察と処方箋を済ませて薬局で投薬を受けた。そこであることを聞いてみた。飲み忘れて溜まった薬があるが、どうすればよいか。」「その数を言ってもらえば、処方箋の数から引きます。」自宅には結構な数が残っている。

     

    ☆梨の袋掛け

     

     自宅ではあられが帰宅を待っていた。帰宅後に、今度は二人で梨畑に行く。おにぎりを昼食にして3時まで働き、その後帰宅するという計画を立てていた。

     途中昼食を挟んで3時までひたすらかけ続けた。私が朝からの通算で300枚、あられが午後だけで100枚余りを掛けた。残る作業が少なくなってきた。それが成果だった。

     枝に産み付けたモリアオガエルの卵を落とさないよう気にしながら作業した。

     

     途中畑に寄った。異変が起きていた。ジャガイモの葉や茎が枯れていた。病気ではなく、梅雨入り前の日照りで精力を使い果たしたようだ。手遅れの状態で、早々と枯れた。同じような運命の畑もあったようだ。あられが2,3本の茎を抜いて芋を掘った。数が少なく小ぶりだが、食べられる状態の芋が収穫できた。私はその横でサツマイモの雑草取りをする。苗の周りにびっしり生えてきた。だが、疲れて早々と切り上げて帰宅した。

     

     帰宅してからは二人共ぐったりした。夕食には早い時間から居眠りに落ちた。

     

    ☆クローン鷹の購入

     

     農協があっせんした商品で、防鳥グッズだ。チラシで見て注文したが、今日届いてよく見れば実に素晴らしい出来だった。

    クローン鷹

     素晴らしい出来だ。部屋に飾っておきたいほどだった。袋掛けが終わったら、これも梨畑に吊るす。タケ

    | 農業 | 06:31 | comments(0) | - | - |