ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 水田の見回り、中期除草剤散布 | main | 畔の草刈り、陶芸教室、通夜式 >>
水田の除草剤散布、突然の訃報
0

     2020.6.23(火)晴れ。今日は気温が上昇して夏らしくなった。しかし、梅雨は何処に行ったか。

     5時前から目が覚めた。起きるのに少しダラダラした。今日は作業の予定があった。早めに取り掛かって早めに終わらせたい。

     

    ☆水田の見回り

     

     5時過ぎに家を出て各所を見て回った。水が少ないところは取水の措置を取り一旦帰宅した。1時間掛からないくらいだったが、結構負担を感じた。帰宅して朝食を摂る。ここから少し休息する。次の作業が長丁場になると考えたからだ。

     

    ☆除草剤の散布

     

     昨日のことだ。自分の割り当てを大方済ませた。ただ、少し残った部分を今日短時間で片づけようと考えていたところに余分な仕事が舞い込んだ。

     昨日、もう一人の組合員にも散布作業を割り当てていたが、その組合員が所有する動力散布機が故障したらしい。結果、昨日は全く作業が出来なくなったという。止む無く、私がその分も引き受けて今日片づけることにしたのだった。

     

     従って、昨日と変わらないくらいの作業量が残った。ただ、取水状況が良く、そのための時間の浪費はなかった。午前7時半から取り掛かり、終了したのが10時半だった。作業中は昨日の疲れを引きずらなかったものの、終わってからかなりぐったりとした。

     

     消化して残る圃場が少なくなるに連れて最初は対象としていなかった圃場も、今日の時点で問題を感じたところは余った剤を散布した。そうして、予定を全て作業し終えることが出来た。

     

    ☆畔で尻もちをつく

     

     最後に散布した圃場で足が滑った。そのまま畔の上に尻もちをついた。背負った動力散布器はエンジンが掛ったまま噴口からは除草剤が飛び出していた。その状態からどうやって立ち上がるか瞬時途方に暮れた。そうした姿勢で立ち上がるのは至難の業で、エンジンを止めてあわよくばその辺りに散布器も下ろす。そうして立ち上がるのが常道だが、ここでくそ力を発揮した。そのままの姿勢で一気に立ち上がった。運よく畔から田の中に落ちることはなかったが、ズボンは泥まみれだった。最後の最後に何でこういうことになるのかと悔やむが、どうしようもない。帰宅して脱いだものは水洗いしてシャワーを浴びた。

     

    ☆突然の訃報

     

     除草剤散布作業から帰宅してシャワーを浴び終わったとき、救急車が直ぐ近くで停車した。やおら様子見に出てみると、駆け付けた近所の人達からそこのお宅の奥さんだと知らされた。原因は分からないが急病で重篤なようだった。救急車ですぐ近くまで運び、ドクターヘリで病院に搬送された。

     

     昨夕、ゴミの搬出ですれ違う時に声を掛けた。今朝、あられも亡くなる2時間前に庭先で雑談をしたという。全くの急逝だった。

     家族から知らせを受けるまで半信半疑ながら、搬送後に警察官が現場検証でやって来た。ある奥さんの話では、警察がやって来るということは亡くなっていることを聞かされた。

     

     私が班の葬儀委員だった。喪主から逝去の連絡を受けて故人宅で打ち合わせをする運びということは分かっていたが、その連絡を待ちながら自宅待機中に深い眠りに落ちていた。この段階で連日の疲れが現れた。

     

     4時前に連絡を受け、訪問して打ち合わせた。昨今の葬儀では班内の人が総出で祭壇の設営や、もてなしの賄いをするという光景はない。通夜と葬儀の受付をするくらいになった。夕方班内の方々と分担を決めればそれで済む。明日と明後日の半日ずつの対応になった。

     

     午後6時、区内放送をして訃報と班内打ち合わせを連絡した。7時半に故人宅で2日間の対応を話し合った。6時の区内放送では不徹底の感があった。改めて8時過ぎに今日2度目の連絡を放送した。

     

    ☆鐘のこと

     

     葬儀当日の早朝、集落内を鐘を叩きながら回る。不幸があったことを知らせるのが目的だが、担当を決めたところで鐘の所在が分からなかった。お寺に確認すると返却されていた。今回の葬儀を仕切るのは隣町のお寺だが、区民としてその金を使わせて欲しいと頼んだ。金を担当に渡して今日の役割を終えた。今日はビールは飲まなかった。酒の力を借りなくても寝られるはずだ。タケ

    | 食べ物・健康・日常生活 | 07:21 | comments(0) | - | - |