ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 畔草刈一斉作業、陶芸公開講座補助 | main | 柿の防除、柿畑の除草、県の普及員と圃場を見回る >>
「家康、江戸を建てる」を読む
0

    「家康、江戸を建てる」  門井慶喜  祥伝社

     

     ようやく読了した。この本もずいぶん時間が掛かった。読書に当てる時間が、特に最近取れていなかったからだ。

     最近購入した書で、歴史物乍らオムニバス風の解説書のような本だった。家康が、秀吉によって関東に移封させられてから関ヶ原での戦いに勝利するまでの期間で、江戸の町や江戸城を建設したかを扱っている。こういう部分は、歴史の中でも戦闘や権謀術策とは異なり、借インフラの整備に似て地味な内容になる。従って、これまで歴史の本でもあまり見かけなかった内容で、却って興味を引いた。

     

     全体は5話にまとめられて、ヾ愿谿貘咾亮水、通貨の鋳造、0料水の確保、ぞ襪寮亞澄↓ス掌余襪療啓蕁△箸い構成で書かれている。それぞれ、家康に任された特定個人を中心にその苦労話を紹介している。

     

     ,亮水では、伊奈忠左衛門が主人公だ。東京湾に流れ込み下流域を湿地帯にしていた利根川の流路を東進させて氾濫を防ぎ、玉川や荒川、隅田川と水路整備に貢献した。以後、代々関東郡代という幕府の代官職に就く。

     

     △猟眠瓩肋判の鋳造だ。秀吉が大判を鋳造して武将たちへの恩賞としたが、家康は江戸の町での通貨として小判の鋳造を指示した。小判のほかに一朱金や銀も製造することになる。輸入した銅銭の重量で金額を決めていたそれまでの制度から大きく発展する。貨幣の材料として、金銀が大量に必要になり、鉱山の開発が進む。大久保長安がその中心になる。

     

     は江戸の町を発展させるためには大量の飲料水が必要になる。しかも、江戸城内にまで用水路を引く工事が始まる。湧水の選定や水路建設、更には水道橋の建設まで及ぶ。現在も残る水道橋の地名はその名残だ。ここで取り入れられたのが桝の技術だ。低く流れてきた水をまずでためると水位が上がり、より高い排出口から流すことが出来る。そういう仕組みだ。

     湧水の選定では、京の菓子職人も加わる。

     

     い寮亞世蓮江戸城本丸の石垣や掘、曲輪、門などすべての石垣で、近隣から巨石を切り出して運んだ。当時の石の産地は伊豆半島で、その東側に集中した。海路で運送するために港に近い山が選ばれた。山から石を探して切りだす職人と、石を削って積み上げる職人が協力して取り組んだ。場内の部署ごとに各大名に割り当てられた。巨大な石垣の切り出しや運搬、積み上げがとてつもない事業だということが良く分かった。

     

     イ療啓蕕蝋掌余襪療啓蕕里海箸如⊇忠の思いは家康と違って天守不要論を訴えている。大規模な戦が無くなれば、城攻めもなくなり、天守の意味は権威の象徴でしかないというのがその根拠だ。金や労力の無駄というのが秀忠の考えだった。

     一方家康は、各大名への割り当てで財政難を招くことを主眼としていた。また、当時の流行に従わず漆喰で固めた真っ白な天守に平和の願いや戦国の世に落命した多くの武将の鎮魂を籠めたというが、それは良く分からない。

     武家や寺院も漆喰が塗られているが、それには訳がある。材料コストが低いということだ。だが、江戸城に使われた漆喰、つまり石灰石の量が半端でなかったそうだ。関東各地に材料を求めたようだ。

     

     歴史で扱われる勢力争いなどとは違って、一夫変わった視点から見過ごされやすいテーマでよくまとめられた作品だと思う。タケ

    | 読書 | 07:29 | comments(0) | - | - |