ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 柿の摘果 | main | 柿の摘果 >>
柿の摘果他
0

     2020.7.3(金)曇りのち雨。明日にかけて雨が予報された。外仕事が余りできないだろうと感じたが、出来るだけ柿の摘果を進めようと考えた。

     

    ☆水田のヒエ取り

     

     今日も起き抜けに水田に入った。圃場内は若干スッキリしたように思うが、まだ残るヒエが多い。中に入り、泥田を歩く。体が重い。ヒエを手で抜き、大きい株は根にたっぷり付いた泥を水で洗うように落とす。作業は随分慣れて効率は良くなった。昨日も一昨日も1時間以上やって収穫籠で4,5杯しか取れなかったが、今日は30分ほどで3杯分抜いた。だが、その代わり、今日はやけに体が重く、30分ほどで中断した。やる気が無くなったということだ。

     

     帰宅すると、長男と自分の弁当を作っていたあられが、「今日は帰宅が早いね。」というのだった。僅か3日目ながら家族からしてあさイチモードになっていた。あられは今日終日公務で出掛ける。自分用の弁当が必要だった。

     

    ☆柿の摘果

     

     8時過ぎ、ようやく重かった腰を上げた。柿畑へ向かう。圃場内の雑草が少し黄色味を帯びてきた。除草剤が効いているのだろう。

     摘果作業も3日目になれば要領が良くなった。枝の高さによって脚立を使い分ける。残す実は一枝に一個以下にする。徒長枝は、風通しを妨げるため、極力切り倒す。実の付いていない枝は来年使えそうなもの以外これも切り落とす。移動の邪魔になる枝は、収穫まで邪魔になる。

     

     2時間程作業して疲れを感じた。作業にも飽きてきた。帰宅すると10時だった。昼食にはまだ早い。自室で時間潰しをする。今日は読書をせずに取り掛かり中のドールハウスの製作に手を出す。

     

    ☆生協の引き取り

     

     昼食は11時半に摂る。あられが用意した食材などを食べる。12時半から生協の引き取りをする。雨が降り始めた。定刻になって傘を差しながら待つ。だが、今日はなかなか生協の車がやって来なかった。午後1時前にようやくやって来た。引き取った食材を冷蔵庫に詰める。冷凍食品と、要冷蔵の食材だけ冷蔵庫に収納した。

     

    ☆柿の摘果

     

     暫く休息するが、雨脚が弱まった頃合いを見て再び柿畑に向かった。休む時間が短く体が重い。脚立を登る動きが鈍い。しかし、いずれ早めに作業を終えなくてはならない。気を取り直して作業に励んだ。

     

     そういうときほど邪魔が入る。それは降り始めた雨だった。予報通りだから仕方がない。アッサリ切り上げて帰宅した。

     

    ☆投稿記事の反応

     

     昨日から今日までに、日本海新聞に投稿した記事のことを話す人が一人しかいなかった。新聞を読む人がそもそも少ない。読者の欄を読む人は更に少ない。そういうことだろう。

     

     そんな中、夕方1枚の葉書が届いた。高校時代の先生で、昨日の投稿に関するものだった。考え方を共有できるという文面で、今後も投稿をという励ましで結んでいた。

     読んですぐに葉書にメッセージを書いて投函する素早さには感心した。恐縮してすぐに電話を架けた。そこから話が弾んで長くなった。

     

     葉書は常時手元に置いて何時でも書けるようにしているそうだ。退屈な生活を送っておられるようで電話がなかなか切れなかった。外出は用事が減ってめっきり減ったとか、日常話をする相手に事欠くというような話だった。アフターコロナの段階で会おうという話も出た。農作業ばかりで気持ちも体も重くなっていたところに届いた葉書から気分転換が出来た様で、電話を切ると随分気分が軽くなった。

     

     夕刻帰宅した長男が教えてくれたのは、会社の社長さんが長男に私の投稿を見たと告げたそうだ。これで3人目だ。タケ

    | 農業 | 06:13 | comments(0) | - | - |