ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 雨で家に籠る | main | 陶芸素焼き窯詰、梨の防除、柿の摘果 >>
降り続く雨、柿の摘果
0

     2020.7.7(火)雨。昨日から降り続く雨に何もできなかった。それを感じて今朝はいつも通りに起床しなかった。実際に起きづらさを感じていた。6時15分前に起床してあられと長男に声を掛けた。あられは深夜まで読書をしていたそうだ。

     

     おかしな夢を見た。何故そんな夢を見たかといえば訳が分からない。夢とはそういうものだ。断片的な記憶が脈絡なく飛び出して、それらの辻褄合わせを脳がやっているようなものだ。記憶にない展開が確かにあった。

     

    ☆降り続く雨

     

     未明から夜明けまでかなり強く降った。当然庭の池が上下とも満水になった。5時頃のことだが雨が止んだ。瞬間的にある思いを抱く。これで今日止むようだったら柿の摘果が大いに捗ると。ところが、雨は小降りになっただけで止んではいなかった。そういう訳で外仕事を諦めて、デスクワークに専念した。

     

    ☆役員会資料の作成

     

     16日に文化団体協議会の役員会を行う。その資料をまだ作成していなかった。作成中だった。今日一気に仕上げることが出来た。気になる点は関係先に電話で確認した。

     9月に計画している合同発表会の運営、11月に予定している視察研修のプラン、などが議題になる。時間が取れるときに作成しておいたのが良かった。

     

    ☆柿の摘果

     

     資料作成がひと段落付き、ふと電話を架ける先を思い出した。柿生産部の指導部長だ。降り続く雨の中自宅で同じような状況だと察して、摘果作業のことを聞いてみようと思った。

     着信するとすぐに応答があった。何点か摘果作業中に気付いたことを尋ねる。すると、その方は今から摘果作業に出るということだった。折しも雨が小止みになった。

     

     仕事の邪魔をしたことを詫びながら私もそれに触発された。時刻が10時のことで午前中まだ時間がある。私もすぐに柿畑へ向かった。スマホの音楽を聴きながら快調に作業進めた。勿論水滴がどっさり落ちる。だが、それにも随分慣れてきた。

     

     ところが、作業に拍車がかかったころ雨が降り始めた。止む気配のなさそうな降り方で、継続を諦めた。帰宅すると11時頃だった。帰宅途中車窓からちらりと目撃したのは、降り続く雨の中で農業法人の経営者の母親が畔の草刈りをしている姿だった。日よけの被り物などを身に着けているためあまり支障を感じないのかもしれない。雨の中作業しているというより、止み間に作業しているところに降り始めたということだろう。

     

     昼食後は休憩をする。今夜コロナよりも大雨による災害の方が注目されているようだ。放送を聞きながらいつしか意識が遠のいていった。

     

    ☆柿の摘果

     

     休息から目覚めると外は雨が止んでいた。じっとしておれなかった。パラパラと雨は降っていた。だが、気にせずに作業に取り掛かった。作業のペースが上がり残りが随分少なくなったと思うとき、また強い雨が降り始めた。時刻は4時を過ぎていた。仕方なく断念して帰宅した。あと少しだがという気持ちが残った。何時までこうした天気が続くか目途が立たない。長雨は野菜の栽培に影響する。出荷量が減って価格が高くなりそうだ。タケ

    | 食べ物・健康・日常生活 | 07:28 | comments(0) | - | - |