ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 柿の摘果、水田の見回り | main | 柿の摘果 >>
自宅で待機、農協支所運営委員会、助け合い推進会議
0

     2020.7.10(金)雨のち曇り。昨日から止まない雨が午前中もずっと降った。昨日、作業を追い込んだ関係で今朝はゆっくり起床した。それでも、4時頃から目が開いた。6時までうたた寝になった。本当に雨が良く降った。

     

    ☆雨で待機

     

     降り続く雨の音がまるでBGMになった。そんな中、今日拭き漆作業をする気にはならなかった。午後に二つの会合がある。それまでは自宅でのんびりすることにした。

     昨日水田を見回って得たデータを集計する。必要な除草剤の量を把握するが、予想した通りかなり多い。生え具合の少ない圃場を省いたり、散布方法を変えたりと調整を工夫する。

     

     久々に読書に時間を使う。ドールハウスづくりをする。手続きや報告の必要な事務処理をして封筒詰めをする。切手を貼り、午後の外出時に投函した。そんなこんなでダラダラと時間を費やした。

     

    ☆農協支所運営委員会

     

     農協の地域で事業を展開する支所が主催する委員会で、第1四半期の報告や、事業に関する意見交換が議題だった。今年から農事組合長会長や柿生産部長に就任した私も出席対象となったが、初めてのことだった。会場にで汲むまで会議の様相が全く分からなかった。

     

     今回は、コロナ対策で例年は町内2支所で別々に開催するところを合同で1回だけの開催に変わった。従って人数がかなり多かった。反面欠席者も少なくなかった。

     

     事業報告の後で質疑となり、私はジャンボタニシについて関連する二項目の意見を述べた。その他にも大勢が意見を述べる。二つ分の委員会が合同になったためだから意見も多いはずだ。

     

     昨年までの組合長が県中央会の会長職に就いたという報告があった。組合長は退任かと思えば兼務だという。異例の人事という気がする。そうした状況が反映したのか、質疑のやり取りから受ける印象では今年はやや熱意が乏しい気がした。自己改革とか経営改善をスローガンに上げてはいるが、足元のサービスや農家との関係維持という地道な努力が影を潜めているように思えた。そのことを指摘する意見も飛び出した。

     

     質疑は予定より伸びて終了時刻が定かでなくなった。次の会合が控えている私は、自分の意見を述べた後でもあり中座した。

     

    ☆助け合い推進会議

     

     午後3時から開催されることになっていた。前の会議を中座して駆け付けたのは3時15分のことだった。遅参を詫びて席に着く。

     

     今日の議題は、これまで町内で取り組んできた推進活動を今後どのように展開するか話し合うことになっていた。既に進んでいた話し合の中に割り込む。私なりの意見を述べて、方向性が出るように協力した。

     

     これまで取り組んできたのは各集落内で高齢者が集う「居場所づくり」で、モデル地区での立ち上げががひと段落したところだ。因みにわが集落では集落の有志の協力で、既に居場所づくりが定着している。町内を見渡せばまだまだのところも多く、次は何処の集落に火をつけるかが話し合いの核心になった。

     

     勿論居場所づくりだけでは地域での助け合い活動が終わるわけでは無い。困りごとへの改善取り組みなども次なる候補に挙がっているが、まだその段階ではない。話し合いの結果、次に居場所を設ける集落の候補が決まり、次月の会合で具体的な内容を話し合うことになった。

     

     4時に終了して帰宅するとあられは外出中だった。雨が止んで一気に蒸し暑さが増した。明日小雨程度だったら柿の摘果をすることにした。タケ

    | 食べ物・健康・日常生活 | 07:37 | comments(0) | - | - |