ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 農業委員会総会 | main | 陶芸素焼き窯出し、届け物を待つ、柿の摘果 >>
交通安全立ち当番、木工クラブ、柿の摘果
0

     2020.7.14(火)曇り時々晴れ。未明に降っていた雨が夜明けとともに止んだ。長男は、今日はもう大丈夫だと言って久々に自転車で出勤した。自分では今日は雨天と思い込んでいたが、外れた。

     

    ☆交通安全立ち当番

     

     県が設定した交通安全週間だ。昨日から一週間がその期間になる。二日目の今日私が立ち当番を割り当てられた。これまでに何度も任務についており、要領は分かっていた。

     

     冬場や雨天の当番は辛いものがある。その点今日は晴れ間も出て、立つ目的の分かるタスキを肩から斜めに下げる。その格好になると、通過する車両や通学する生徒たちへの責任ある立場を感じる。おかしなものだ。

     日差しを受けると暑い。横断歩道に立つ信号機の支柱が細い影を落としていた。この陰に沿って立つと幾分か暑さが和らいだ。

     

     今日は、もうひと方、やや年配の男性が同じようにに交通安全の旗を携えやって来た。この方が学校の先生だとすぐに分かった。教師も交替で立ち当番をする。7時半から8時まで見守りをする。時間が来て帰途に就く。「先に帰ります」と声を掛けるが、どうもこの先生は分かっていない。先生たちは生徒の通学が終われば用がない。既に生徒たちが通過していたのだった。これまでは、小学生が3集落から徒歩で通学する。今日は2グル−プだけだった。遠方の集落が車両で送迎とも聞く。だとすれば2グループだけということになる。それを教えて後にした。

     

     立ち当番中に地元派出所のパトカーが通りかかった。彼らも安全週間のパトロールをしていた。通過時にマイクで「ご苦労様です」と労いの声を掛けられた。

     すぐ近くに踏み切りがある。一旦停止を守らない車が多い。ドライバーは圧倒的に女性だ。

     

    ☆木工クラブ

     

     本当に久々の活動日だ。刃物を持って木材を削る感触を忘れそうだ。8時半に鍵を受け取り入館する。一人で準備して作業を始めた。今日は鍋敷きを一個以上製作したい。厚さが4センチくらいで、著経緯が20センチほどの板を選ぶ。やや小ぶりの鍋敷きにする積りだが、それが災いすることになった。

     

     小ぶりだと、中心部に開ける穴が小さくなる。板を回転させるチャックの幅と穴を開ける幅の関係で、刃物が今にもチャックに当たりそうになったからだ。窮屈な位置取りで、作業を慎重に進め結果時間が掛かった。結局1個だけしか製作できなかった。

     

     今日新たな提案をした。二人の指導者に、木工クラブとして展示する公民館ロビー展に参加していただくようお願いした。勿論快諾はいただいた。作品の水準や作品数の増加など歓迎すべき試みだった。

     11時頃、早めだが活動を終了させた。帰宅するとあられは公務で出掛けており、一人帰宅を待った。

     

    ☆柿の摘果

     

     まだたくさんの作業が残る。午後は曇りの天気で、作業には好適だった。昼食後かなり昼寝に時間を使った。2時頃柿畑へ向かった。2番目の圃場がそろそろ終えられるところまで来た。集中して作業に専念した。完了はしなかったが、随分捗った。4時過ぎまで作業をして帰宅した。終了後すぐにトラックのフロントガラスが雨滴で濡れた。右腕が少しだけ楽になったようだ。タケ

     

     

    | 食べ物・健康・日常生活 | 07:28 | comments(0) | - | - |