ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 「震える岩」霊験お初捕り物控 を読む | main | こども陶芸教室2組目、水田の除草作業、誕生日 >>
雨天で自宅に籠る
0

     2020.7.24(金)雨。終日降り続いた。本当に良く降るものだ。水稲も果実も野菜も、日照不足で収穫に不安が出てきた。素人なりにそういう気がする。

     

     5時半に起床して階下に降りると長女も起きてきた。起床したというより部屋から出たという方が当たっている。早くから目が覚めていたそうだ。あられと長男は朝寝坊日だと、起こさずに二人で話す。ところが、こうした会話が二階に響いて聞こえていたようだ。それでかどうか、二人共7時過ぎには起きてきた。

     

    ☆一斉作業の中止

     

     雨が降り続く天気ではどうしようもなかった。昨日懸念したその通りになった。7時頃、関係者にまた作業の中止を電話で知らせた。意味のないことをしているようだが、こうした過程を繰り返すと、皆機会を捉えて冷ませてしまおうという気持ちが強くなる。中止は中止として、以後の取り組みに少しでも拍車を掛けたい。そういう意味を込めたが、果たしてどうか。

     

    ☆雨天で休息に徹する

     

     湿度や気温の関係からなのか、体調が思わしくなかった。眠気や体のだるさが一気に噴き出したようだ。何かをしようという気にならない。雨天でもあり、自宅に籠るように休息した。

     

     とはいっても寝ていたわけでは無い。読書やデスクワークで30日の代表者会議の資料を作成したり、はたまた木工作品に14回目の拭き漆を施した。合間合間にうとうとするといった具合だ。右肩の辺りの痛みが引かない。筋肉というより腱の疲労ではないかと長女と話した。

     

     家族はそれぞれ用事で外出したが、私は朝刊を取りに玄関先に出ただけだった。あすは午前中にこども陶芸の2回目だ。午後には除草剤散布の一斉作業を組みたい。だがそれも天気の都合でどうなることか。確実なことは、明日私が71歳になる。タケ

    | 食べ物・健康・日常生活 | 06:50 | comments(0) | - | - |