ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 夏の到来、ヒエ取り、畔の草刈り他 | main | 畔の草刈り(一斉作業2回目) >>
公民館ロビー展示、忍び寄るコロナ感染、草刈り機の修理
0

     2020.8.1(土)晴れ。始まった夏日は暑い。動けばすぐに汗をかく。今日は無風状態で暑さの体感が全く違った。

     5時過ぎに起床、夜明けが少し遅くなった。この時期は一日の昼間の時間が段々短くなる。従って、5時が薄暗いのは当たり前だった。

     

    ☆畔の草刈り

     

     今日はまだ水田に入る気にならなかった。それよりも明日に草刈りの一斉作業を控える。少しでも刈り進めて、猛暑の中での作業時間を短くしたい。そういう考えに傾いた。

     昨日まで刈り進めていた続きに取り掛かる。スタート地点まで草刈り機を下げて向かう。不安定な畔草を踏んで長い距離を歩く。草刈り機を始動させる。スターターの紐を引く。すると、紐が伸び切って戻らなかった。直前までそういうことがなかっただけに唖然とする。紐が伸び切ったまま草刈り機を自宅に持ち帰る。別の草刈り機に変えて再び同じ場所に戻った。相当な時間のロスがあった。

     そこから刈り始めて予定した箇所を刈り終えた。約一時間が経過してそのまま帰宅した。朝食だ。

     

    ☆公民館ロビー展

     

     今日から1か月間木工クラブのロビー展示が始まる。一人のメンバーのお宅に寄り展示作品を預かる。私の分と共に公民館に持ち込み、ロビーに展示した。他のメンバーには今日中で可と伝えて、名前のカードを立てる。あとは各自が持ち込んで配置すればよい。

     

    ☆窯の温度を確認

     

     ロビー展示のあと、焼成室に入る。温度計は130度まで下がっていた。終了時が1250度で、大体1日経過すると半分に下がる。29日に焼成を開始して、夜の10時で終了した。30日で600度、31日で300度、1日つまり今日で150度というのが目安だが、130度というのは極めて妥当な下がり具合だった。あとは焼成結果次第だが、明日で60度、明後日に常温まで下がるはずだ。3日で窯出しが出来る。予定は5日に行う。

     

    ☆草刈り機の修理

     

     問題はスターターの内部にあった。こうなった理由は分からないが、分解して原因が分かった。中のばねが効いていない。何かの拍子に外れたものだが、何故外れたかそれも分からなかった。

     

     分解したリコイルスターターを点検する。弾みでばねが飛び出した。それをどうやっても元に戻すことが出来ない。自分で解決することを断念して、ある業者に修理を頼むことにした。昼食前にその修理工場に向かった。この間同じ草刈り機のリコイルスターターを修理してもらっており、先方にはこちらのことが分かっていた。

     

     状況を話してどうやればばねがはめられるかを聞いた。すぐに引き返して自宅で聞いた通りに作業した。ところがなかなか思うようにはいかず時間が掛かった。午前中はいったん断念した。

     

     昼食後再び取り組む。慣れてきたのかどうにかばねを撒いてスターターにセットできるようになった。紐を引く、するとどうもうまくいかない。何度もこれを繰り返す。やはりうまくいかない。早々と諦めて同じ業者に持ち込んだ。すると、目の前で素早くはめて信じられない速さで修理が完了した。ばねをはめるときに、きちんとはまっていなかったようだ。それが原因の全てだった。(すると、以前ここで修理してもらった最初から隙間があったのだろうか。)

     これはサービスでと料金を請求されなかった。今日はこういうドタバタにかなりの時間が掛かった。

     

    ☆庭の剪定

     

     長女に少し前から庭の剪定をするように言われていた。山よりも畑よりも自宅が先ではないかという考えだ。私がなかなか腰をあげないため3時頃、率先して取り掛かった。遅れて私も手伝う形で取り掛かった。結構思い切って枝を切ってくれた。大型の布バケツ2個で2回切り落とした枝などを廃棄した。お陰でスッキリさせることが出来た。猛暑の中、自ら取り組んでくれたことに感謝した。あられも途中から加わり、お陰でいつやるか分からない作業を済ませられた。

     

    ☆コロナの町内感染に緊張感が走る

     

     昨日、県下で4名の感染者が追加され、1名が県中部と報じられた。今日になってそれが町内だと知らされた。今日更にその濃厚接触者の感染が報じられて拡大の懸念が一気に増幅した。この間に開催すると決めていた行事もこれで中止だという気持ちにさせられた。目下関係者のPCR検査が行われているところだが、今後さらに感染が拡大すればどういうことになるか予測がつかない。タケ

    | 食べ物・健康・日常生活 | 05:58 | comments(0) | - | - |