ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 町の支え合い推進会議他 | main | 柿の防除、公民館公開講座のアシスタント >>
休耕畑の草刈り、パソコンの廃棄
0

     2020.8.22(土)晴れ。崩れると予報された天気は、昨日通りだった。水が欲しい。水だ。

     

    ☆草刈り

     

     5時過ぎに起床して休耕畑へ出かけた。勿論草刈りだ。最後に刈り残した部分に取り組んだ。途中、トラックがすぐそばに止まった。2代前の柿生産部長だ。水稲の用水路の下流域の人で、水がないと言って堰板の点検に上流までやって来たところだった。

     

     早朝から草刈りをする私の姿を認めて停車した。訳を話す。相手が元の生産部長だから事情が分かりやすいはずで、計画の詳細を話して聞かせた。まあ、無理をせずにという言葉を残して別れた。

     

     今日気になったのは、いろんな廃棄物が草の間から出てきたことだ。農道沿いの為か草むらに投げ込まれている。繰り返しになるが、こうした行為を知れば民度の低さを感じる。

     タンクが空になって中断した。刈り残しがほんの少し残った。帰宅して朝食を摂る。このあと庭に水を撒くあられと共に網戸などの掃除をする。

     

    ☆網戸とパソコン

     

     網戸を掃除していて幾つかの網が破損しているとあられが言う。そこで網戸(結局は網)を求めて買い出しに出かけた。

     ホームセンターはそこそこに賑わっていた。網戸の売り場を探す。定型は2パターンある。90センチ×190センチとその半分の大きさだ。網もそれに合わせた大きさで打っていた。必要数を買う。もう一つ、かなり大きさの違う網戸を求めていた。定型でないものはフリーサイズを求めて自分で切断する。四隅は専用の金具をオプションで取り付ける。小さな窓に取り付けるもので、枠を買うのは止めた。木で作った方が楽だ。木材で枠を作り、網を張れば枠ごとはめるだけでよい。開け締めのスライドなどは不要だ。

     

     用事がもう一つあった。ノートパソコンの廃棄だ。少し前になるが、ある家電店に廃棄処分で持ち込んだ。家電としてリサイクル対象になっている。(パソコン本体にRCと表示されている)だが、ハードディスクに記録されたデータのことを考えるとこれまで処分に迷っていた。

     持ち込んだ時言われたのが廃棄料金(テレビやエアコンなどと同じ)がかかるということだった。レアメタルなどのリサイクルを考えると無料引き取りになると思ったがそうではなかった。

     その時は再検討すべく持ち帰っていた。今日は料金がかかっても良いと決めて同じ店に持ち込んだのだった。

     

     今日言われたのは、その家電店は廃棄処分をする資格を持っていないということだった。そんな話があったのかと訝る。まるで初めて聞くような話だ。世間ではいろいろ法律が変わっているのかもしれない。そこでその店が教えてくれたのが、メーカーに直接送る方法だ。電話を架けて所定のツールを送ってもらう、それで梱包してメーカーに送れば無料で引き取ってもらえるそうだ。

     

     面倒臭くなってこの店を出た。すぐに別の店に向かった。ここは全国展開をしてる店だ。開口一番パソコンは引き取ると言ってくれた。詳しい説明を聞けば、店が最低料金で買い取り、この会社がリサイクル品として捌くという。店の規模で対応力が違うということか。

     そこでさらに聞いてみた。ハードディスクはどうなるか、と。そのままで再販に回すという。残っているデータが気になった。一旦消去しても復元できるのが常識になっている。完全に消去するには別の料金がかかるという。また迷いが生じた。結局ここでも答えが出ず、持ち帰った。パソコンには長男のデータも含まれていたからだ。

     

     帰宅すると「今日は仕事をする」と言って出社した長男が帰っていた。先ほどの話をすれば、昼食後にハードディスクを取り出して破損させた。その後嵌め直してそれぞれ本体を起動させたところハードディスクが全く認識できなかったそうだ。この状態にすれば、小型家電品として搬出できる。いろいろ無駄足を踏んだことになる。

     昼食後は自宅で夕刻まで居眠りをした。

     

    ☆再び草刈り

     

     気温が下がり始めて風が出た。午後4時半頃だった。今朝と同じ場所に出かけた。残る草を刈る。しばらく続けると全て刈り終わった。道路の路肩なども刈ってこの度の作業を完全に終えることになった。

     作業が終盤になってから新たな問題を抱えた。それは、葦の始末だ。燃やすわけにはいかず括ってどこかに仮置きする。その答えが作業中に見つかった。

     

     計画では、150本を15アールの区画に植える。それが今年の11月で、残りは来年の3月になる。すれば、その区画は耕耘を今しなくても良いことになる。括った葦を一旦そこに置く。その間は除草剤で地下茎を枯らす。今作業を急ぐのは15アールだと気づいた。そこまでまとまれば、次はまず15アール分の区画に除草剤を撒く。そして葦を括り、仮置きする。葦は150本の定植後にその株元に敷けばよい。

     

     6時頃にようやく全ての作業を得て帰宅した。取り掛かってから2か月近く掛かった。タケ

     

     

    | 食べ物・健康・日常生活 | 07:27 | comments(1) | - | - |
    PCの廃棄時にはやはりHDのデータが気になりますね
    私も先週1台廃棄しました。
    その時PCの裏を開けてHDを取り出してハンマーで破壊して本体は
    条例に従い危険物で廃棄しました。
    HDの取出しは意外と簡単ですよ。
    | 同級生 | 2020/08/23 9:57 AM |