ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< ハワイ夢マート「春満開フェア」、柿畑の草刈り | main | 木工クラブ、「素陶窯」跡地、料理教室食材提供 >>
鶯の鳴き声か、東奔西走
0
     2014.4.14(月)極め付きの快晴。気温も上昇、これで本当の春が来るのか。心中は、農作業への焦り、父の見舞いで迷う。
     結局、今日は農作業をせず、OB会の集金と総会の案内で回ることにした。


    ○OB会総会の案内

     朝、繋がらなかったお宅へ電話するがやはりコールのみ。とにかく訪問してみるしかないと出発した。途中1軒寄り集金するが総会は欠席。2軒目に繋がらなかったお宅を訪問。すると、直ぐに本人が出られた。電話のことを聞けば、電話の着信音が聞こえないところに居たのだと思うとのこと。(ちょっとそれは不味いのではないか)集金するが、ここも総会は欠席。

     3軒目は私の前任の分会長さんのお宅。70代後半とそれほど老けこむ年齢ではないが個人差なのだろう。殆んど奥さんと話していた。
     意外なことが分かる。奥さんの実家は実は同じ町内で、しかも私の祖父の実家と同じ集落だった。そんなこんなで身近に感じ話が弾んだ。珈琲をいただく。会費をいただくが、総会は欠席。止むなし。

     4軒目、倉吉市内を抜けて琴浦町経由大山町まで走る。途中、まだ雪をかぶった大山が見える。

    daisenn1
    daisenn2

    正午近くなり、道の駅「ポート赤碕」そばの「海」で昼食。この店では飲食した人にとれとれの魚を安価で販売している。例えば、今日はアカガレイ3枚で250円。ハマチのあらが無料で並んでいる。これも貰う。

     肝腎のお宅は留守だった。玄関は戸締まりしていない。つまり、農作業で不在ということだが帰宅時間が分からず、引き返した。
     その時だった、資料だけでも置いて帰ろうと鞄の中を見るとどういう訳か見当たらなかった。封筒ごと無くなっていた。
     帰り道、いろいろ考えてみると3軒目のお宅で長話をしたため、置き忘れたことがわかった。

     帰路に「鳴り石カフェ」というのがあった。トイレにも行きたかった。
    nariishikafe
     興味本位で立ち寄ることにしたが、生憎休みだった。入口付近でウロウロしていたら、そこの人が出てきて、今日は休みなんですが、、、と言われた。見れば入り口に看板がかけてあった。「営業日は金土」と書いてあった。

     留守で帰宅と決めた時、裏の車庫で日向ぼっこをしているおばあさんがおられた。家族だと思った。留守の状況を聞いた。すると、険しい表情で何事かと問い詰められた。
     訪問先と用件を話すと、「隣のうちのことですか、嗚呼びっくりした。」と急ににっこりされた。「年寄りで、何かあると心配でドキドキするんです。我が家のことだと思って、、、、。」
     丁重に詫びて後にした。

     夕刻この家に電話をした。やはり農作業で昼は遅く帰宅されたという。隣のおばあさんとの話をして、きっとおかしな人が来ていたとか何とか言われるでしょうと予告しておいた。


    ○右往左往

     大山町から帰宅すると、連絡が2つ、あられからの報告が待っていた。
     先ほど気づいた書類が残っていたと3軒目の方から電話が入っていた。2つ目は、父が直前までお世話になっていた施設からで、書類の手続きに誤りがあり再手続きをというものだった。あられからの報告は父を見舞った状況についてだった。

     直ぐに3軒目のお宅へ急行した。手数をお掛けしたことを詫びて、介護施設へ向かう。到着して直ぐ手続きのやり直し。
     車に乗った時、すぐ近くの山から、「ホーホケキョ」と鳴く声。(えっ、うぐいすか)今年最初の鳴き声だった。

     ところがその後、「ケキョ、ケキョ、ケキョ、ケキョ」と鳴き始め、ホトトギスではないかと思われた。どっちだ。
     ホトトギスの托卵の投稿で述べたが、こういうことを知らなければ下手くそなうぐいすだと思うだろう。山本周五郎の小説のように。
     今年は本当に鶯の声を聞かない。春の始まりは決まって鶯の声を聞く。日毎の寒暖の温度差が大きくそれが原因なのだろうか。植物の成長は日照時間の長短で春野菜と冬野菜に分かれるが、動物の活動は何が基準になっているのだろうか。

     この後、倉吉シティホテルに赴きOB会分会長の会合の予約をした。このホテルに入るのも初めてだった。先日OB会の事務局に1000円までの補助を取り付けており、領収証の要領を説明、ついでに部屋も押さえた。


    ○父を見舞う

     気になっていた父の見舞いをあられがしてくれた。昼食時で、居眠りはしておらず食事中横に座って眺めていた。幾つか声掛けして反応を見るが返事はなく笑顔で頷くだけだったらしい。以前のように帰宅を言い出したりすることもなく、この環境に馴染んでいるようだ。
     入れ歯の修理、歯ブラシの取替など生じているが入所扱いであり施設でやってくれる。
     何もかもが不安定な中、食時は自力で完食しているのがただひとつ安心だ。


    ○あられがケーブルTVに登場

     先日総会で会長に選任された。帰宅してケーブルTVの取材を受けたと言った。その時から、町内の放送で流されるのを気にしていた。
     今夕、食事中それが話題になり、私がチャンネルをケーブルTV局に変えた。すると、何と画面に目の前の顔と同じ顔が写っていたではないか。まさにドンピシャのタイミングだった。折しも今日は久々に缶ビールを飲んでおり、3人で大笑いをした。タケ
     
    | 食べ物・健康・日常生活 | 07:44 | comments(0) | - | - |