ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< アフリカ地区工業所有権審議会、久々の土砂降り | main | 終日柿の摘果、集落営農で隣集落と懇談 >>
薔薇の花12回目、柿の摘果
0
     2014.6.13(金)雨のち曇。雨は小雨で直ぐ上がる。6時起床、試合終了間際のWカップサッカーを見る。
     天気が回復となれば農作業しか無い。柿の摘果を続けた。

    ○進捗しない摘果作業

     9時前山へ。脚立を置いていた箇所から作業を開始。雨上りで雨具を着ての作業。雫がポタポタ。チョキンチョキン。
     作業中に前自治会長が通りかかり柿の生育状況を話し合う。やはり実が例年より多く付いているという。(そうかも知れない。)
     作業再開してこういう実が見つかった。
    kakitekika1
     同じ軸から実が2個なっていた。木に勢いがあって、言われたように生り年なら、こういう奇形果も出来る事がある。DNAのコントロールが間に合わないのだろう。
     それにしても、同じ軸に花が2個咲いて、両方共交配している。こういうこともあるのか。チョキンチョキン。

     別の事象に気付く。
    kakitekika2
     焦点が赤いケースに合ってしまった。写したかったのはその下の柿の実の上で、ケースと実の間の空間に3個の軸がある。これは、木が生理落下で実を落とした後の軸。依然として摘果する実は多いのだが、こういうふうに生理落下も多い。それだけ今年は蕾を付けたのだろう。そして交配不良もなかった。チョキンチョキン。

     11時半で終了して帰宅。午後は食後また居眠り。1時過ぎ目が覚めまた山へ。北からの風が吹き始めた。雨雲は南に押しやられる。冷気を含み気温が下がってきた。暑くなく爽やかに作業ができた。
     摘果をしようとする実に面白いものが止まった。
    kakitekika3
     分かりにくいが、バッタのような虫。5時半、作業を中断して帰宅した。

     さて、今日のタイトルはこれから。相当長い間中断していた薔薇シリーズの写12回目。もちろん全て私が撮影したものだ。
    bara12-1
    bara12-2
    bara12-3
    bara12-4
    bara12-5
    bara12-6
    bara12-7
    bara12-8
    bara12-9
    bara12-10
    bara12-11
    bara12-12
     途中の説明は省いた。最後の2枚のようなバラ(野ばらの種類か)も味わいがある。タケ
    | ギャラリー | 06:52 | comments(0) | - | - |