ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
水稲苗の引き取り、追加の中耕
0

     2020.5.31(日)曇り時々晴れ。一日遅れの投稿になる。昨夜は組合員の有志が集荷場という倉庫の中での飲み会だ。名付けて「ビタミン補給」。意気投合して痛飲してしまった。その日は他に何もできなかった。

     

    ☆水稲苗の引き取り

     

     田植作業の前に引き取りを行う。出せるトラックをすべて出して、作業員全員で対応する。苗箱で1000枚を引き取って、代かきの終わった田に植えていく。引き取りから田植までは水を掛け乍ら苗を保管する。

     

     今年の引き取りは長男も加わらせた。営農組合のために少しでも協力するという点と、農作業の一つを実際に経験してみるという二つの意味を持たせた。割とハードな肉体両道に耐えられるかどうか、気懸りはそれだった。

     

     例年通り8時に集合する。道路の工事個所を説明する。そしてもう一点は例年とは全く異なる作業について念を押した。

     

    ☆苗の積み込み

     

     昨日にも40枚の苗箱を引き取りに来て置き場所の状況は分かっていた。わが営農組合の分だけが残るという状況だった。

     置き場所の両端に通路があり、トラックが着けられる。そこまで運ぶのだが、距離が近い苗は人海戦術をとる。詰まり手渡しリレーだ。トラックのそばに二人が立ち、荷台に並べていく。12名が力を合わせて作業する。

     

     例年作業の工夫がある。5年目を迎えると新しい工夫は出なくなった。その代り、皆が効率的な方法を熟知している。そういうこともあって、作業に掛かる時間は多くなかった。私の記憶では、1年目の作業が最もきつかった。汗だくになった。今年は曇り空で時折雨がぱらつく。苗にも優しい天気だった。

     

    ☆苗の配置

     

     今年は引き取り日と田植の間が1日しかなかった。そこで考えたのが、自前の苗置き場をこしらえず、圃場ごとに必要枚数を置いていく。水かけは圃場を回って行う。代かきが終われば、一旦圃場内に苗箱を入れる。田植時に引き上げて植える。そうすれば水分を圃場から吸い上げるため、水かけが不要になる。

     

     圃場が散らばる地図と圃場ごとの枚数を一覧にした資料を用意して、指図する役割を決めた。運んできたトラックがそれぞれ品種ごとに分かれて圃場に下ろす。

     1000枚は8台のトラックでは1度に運ぶことが出来なかった。5台が再び引き取りに向かった。これは残りを運ぶだけだから時間は更に掛からなかった。それらを圃場ごとに下ろして終了したのが11時だった。3時間で終えることが出来た。

     長男は率先して動いたせいか結構疲れたようだ。

     

    ☆田の中耕

     

     60筆ある中の2,3の圃場で既にヒエがびっしり生えていた。そのまま代かきや田植をすることに不安があった。苗の引き取りが済んで、午後2度目の中耕を施すことにした。生えているヒエの苗を根ごとひっくり返す。それで幾分かは枯れることを期待した。昼食後休憩せずに飛び出した。というのは、夕刻5時からビタミン補給を行うためだ。

     

     作業時間が積み重なるにつれて自分でもトラクターの使い方の改善していることが分かる。進路取りで迷うことはなかった。4時過ぎに3筆の中耕が終了した。緑色は消えて、湿った土の色に変わった眺めは快感だった。

     

     あられには買い出しを頼んだ。私が自分でやる余裕がないと考えたからだ。トラクターを止めて携帯で頼んだ。

     

    ☆ビタミン補給

     

     アルコールは心身の疲れを取るビタミン剤のようなものだ。午前中の作業を慰労する。そして田植という大作業を乗り切るための勢いをつける。

     

     結局集まったのは7人だった。長男を呼べと求められ、短時間の付き合いをさせた。まあ、こういうことも経験のうちだ。

     簡単な飲み会のつもりだったが、話が弾み思いの外杯を重ねることになった。時間の観念はなかった。帰ろうとするところまでは覚えているが、それ以降の記憶がなかった。タケ

    | 農業 | 21:40 | comments(0) | - | - |
    田植機納車と試運転
    0

       2020.5.30(土)晴れ。田植作業が目前に迫った。その前哨戦として機械の試運転とオペレータ候補者の実習を兼ねた田植作業を行う日だった。希望する組合員は誰でも参加自由として臨んだ。私はそれに先立って準備作業をするのだった。

       起床してから今日も時間の余裕があった。作業の手伝いを頼んでいる相方の私生活を尊重して設定した時刻はのんびりしたものだった。

       

      ☆苗の引き取り

       

       今日はある圃場で田植作業を行う。その際に植える苗を引き取り、実習場所に運ぶ。その箱数は38枚だった。10アール当たり17枚の基準で計算したものだ。

       40枚を持ち帰ることにした。何故なら、田植機が5条植えだからだ。5の倍数用意しないと中途半端なことになる。

       

       いろいろ検討して10時にある組合員宅にトラックを付けた。そこで同乗させて、引き取りの場所に向かった。毎年トラック10台以上のキャラバンで向かう順路は決まっていた。ところが、今日その順路の途中で工事が行われていた。迂回を余儀なくさせられた。

      (これは明日の冒頭に知らせなくては駄目だ)

       

       引き取り場所にはあまり苗が残っていなかった。我が集落の田植時期が遅い方だからだ。二品種の苗が一面に広がる。かなり成長しているかと予想したが、苗の状況はそうでもなかった。

       トラックに40枚を積み込む。速度を上げずに慎重に走行して田植をする圃場に運んだ。代かきの済んだ圃場に苗箱を沈める。それらの作業は1時間も掛からなかった。13時の集合まで休憩することになった。

       

      ☆田植機の納車と田植実習

       

       業者には13時の納品を指示していた。その5分前に現地に到着すると相前後して今日の参加者が集まった。13時半開始と連絡していたが、皆13時と勘違いしていたようだ。結局13時過ぎから業者の説明を開始した。その後田植実習に移るが、ここでトラブルが発生した。

       

      ☆除草剤散布機の異常

       

       田植機が進むにつれて散布機が除草剤を撒く。そういう仕掛けだが、剤が全く出ていなかった。その異常は皆すぐに気づく。装置を外して点検すると、実に不細工な原因が判明した。材が流れる穴が詰まって排出不能の状態だった。

       

       昨年、田植機が故障した。致命的で自走すらできなかった。すぐに農協が引き取り調査を始めた。結果は廃棄だった。その時点で新規購入の検討を始めたのだが、散布機は壊れた田植機に装着したままだった。購入する機種が決まった段階でそれに付け替えたのだが、農協も、業者も散布機の点検をしていなかった。不具合を抱えたまま付け替えて納車した。お粗末としか言えない。

       業者の説明では、使用後剤を全て輩出してからにしておくという一般論を説明するが、そういう話ではない。壊れた田植機ごと持っていかれては、我々の手から離れたも同然でそういう一般論は通用しない。農協にしても、点検や修理の依頼(費用を掛ける)のない作業はしないのだろうか。本来なら、顧客として不満を言うところだが我慢して至急修理してもらった。それが結構時間を要した。その後作業を終えたのが4時を過ぎた。空になった苗箱を洗い、作業を終えたのが5時前のことだった。明日は午前8時と口々に言い合って解散した。

       

       帰宅すると我が家では夕刻に野菜の植え付けをしていた。あられと長男が何本か追加で植えたようだ。明日は長男を苗の引き取りに従事させる。なにしろ1000枚の苗箱を引き取る。タケ

      | 農業 | 06:55 | comments(0) | - | - |
      田植準備、草刈り
      0

         2020.5.29(金)晴れ。降雨確率0%の日が続く。その方が組合には良さそうに思う。というのは、昨年生えたヒエ類の種が発芽するからだ。既に中耕の済んだ圃場内が薄緑色を帯びる。中央が遅い圃場や、雑草を押さえ切った圃場はそうはならない。雑草が醜かった圃場は緑色の濃さが違う。田植前にして早くも気懸りになる。

         

         その意味ではもう一つ気懸りなことがある。それはジャンボタニシだ。東側は隣町との境界まで進出していた。西側は、町内の西半分が被害を受けた。先日聞いた話では、水が入る前の田の近くの雑草にショッキングピンクの卵が産みつけられていたそうだ。

         

         6時前起床、声掛けをして洗面をする。庭の梅の実はまだ落ちていない。もうしばらく収穫は大丈夫だろうか。

         

        ☆排水路の土堀り

         

         昨日は1か所を済ませた。残るもう一か所を今日に回していた。元々今朝は手続きで出回ることにしており、早い時刻に片づけようと思っていた。7時半頃に現場に出向く。すると、思わぬ光景に出くわした。結構長い距離があるのだが、少しだけ残して殆どが掘り下げられていた。(ええーっ、誰が)考えられるのは水路の横の水田の所有者だ。すぐに携帯電話を架ける。話を聞けばやはりその所有者が昨日に掘ってくれたようだ。以前は、亡くなる前の母が、父がやらないとこぼしながら鍬で掘っていた。厚くお礼を述べる。

         

         そのついでにと、輝太郎柿の栽培のことを話す。名前を貸す程度なら構わないと言ってくれた。誰しも腰が引けるのは栽培方法が分からないからだ。果樹栽培は作業を一人で背負う負担を除けば、興味深く面白いものだ。一年生の野菜などと違って、多年生の果樹がそれぞれ個性を持ち、気持ちが乗り移るように感じるところがある。

         

         結局、1時間以上は掛かると見込んだ作業は10分ほどで終わった。これは私の身体には有難いことだった。

         

        ☆役所で手続き

         

         二つの手続きが滞留していた。一つが土地の相続登記手続きで、もう一つが農機の登録申請だった。後の手続きは田植が迫る中、田植機にナンバープレートを取り付ける。その申請だ。それはまた自動車税を支払うことになる。

         

         土掘りが早く終わったことで、役所が開く時刻までに時間があった。前者の手続きが法務局で、後者が町の役場になる。役場支所に向かう。ここは8時半に業務を開始する。ところが、支所では税務課の業務をやらないらしい。本書へ行ってくださいという。後回しにすることにした。本書まで15分ほど掛かるからだ。そうする頃には9時が近づいた。法務局へ行先を変えた。

         

         法務局に同じ用事でやって来るのは2度目だ。前回書類の扱いをいろいろ聞いており、今回は不備を解決して臨んだ。そのため、時間は余り掛からなかった。思いのほか早々と法務局を後にした。その後わが町まで戻り役場本所に向かう。

         

         税務課は今年から町民課と組織名を変更した。結局何をする部所か分からなくなった。

         コンバインの登録はすぐに終わった。ところが、田植機はこれから納車で機械の詳細が分からなかった。農協の農機センターに問い合わせる。調べて貰ったのが車台番号だ。これがないと登録できない。いわば人の名前のようなものだ。

         

         暫く待機してようやく車台番号を聞く。手続きが完了して、2枚のナンバープレートを受け取った。これで明日の納車に間に合った。

         

        ☆居眠り

         

         午前中から体が疲れを感じていた。昼食前と昼食後生協の引き取りをした後に居眠りをした。かなり深い眠りだった。久々に結構疲れていると感じるのだった。

         

        ☆畑の草刈り

         

         雑草の伸び方が凄まじい。夏野菜を植えている畑の草が深く伸びている。草取りは植え付けているあたりで、そのほかの部分はお構いなしだった。雑草の中にそれよりも丈が高くなった蕗が生える。反ろ粗rみょうがの茎が伸びて葉が開こうとしている。今日は目障りなところを刈ることにした。ふきもこの頃は実が固い。みょうがは買っても芽は出てくる。そう考えてバッサリ刈っていった。刈った草は土に戻す。周りが民家で充電式の草刈り機を使った。バッテリーが2個で間に合った。

         

         帰宅してあられに野菜の追加の植え付けを促したが、そうはいかなかった。丁度従弟が持参した鮮魚(鯛)の捌きをしていたからだ。結局植え付けは明日以降に回した。私はその間に買い出しに出かけた。

         

        ☆田植準備

         

         ディスカウントスーパーが今日新装開店した。どういう配置になったか興味があった。一人で視察を兼ねて田植準備の品を求めに出かけた。

         客はそれ程混んでいるわけでは無かった。缶ビールやウーロン茶のペットボトルを購入した。田植作業の間に日々反省会をして少しのどを潤すためだ。他には、ふと目に着いたモズクや長男の弁当用の具材だ。モズクは子供の頃よく食べさせられた。最近は調理済みで味付きのものを食べる。細くて柔らかい、主に沖縄産だ。

         

         鳥取の近海でとれるモズクは太く固い。これを衝動買いした。ところが、あられがその調理方法を知らなかった。はじめてのことだからだ。

         生で食べるのだという。そこでぬめりが無くなるまで水洗いをする。見るからに黒い。わかめと同じだ。

         あられがふと思い出してある方に電話を架けて聞いた。それによれば熱を加えるらしい。わかめと同じだ。湯を沸かして少し茹でると濃い緑色に変わった。わかめと同じだ。

         

         ポンズを掛けて食べる。洗って一度亡くなったぬめりが茹でるとまた出てきた。味はわかめと同じだった。わかめの千切りを食べて居るような味だった。塩味がない。生では食べられないだろうか。そんなことを考えた。タケ

        | 農業 | 06:36 | comments(0) | - | - |
        田植準備
        0

           2020.5.28(木)晴れ。全く雨の心配がない快晴だった。田植が迫るこの段階では、一日一日が準備と漏れが無いかと思案する時期だ。後で考えれば、あれをしておけばよかったこれをしておけばよかったと反省することになるのだが。少しずつ栽培に関する知識が増えると、そうした迷いも多くなる。

           

           夜明けが早い。目の開く5時にはすでに夜が明け切っている。夏場は農家が既に始動する時刻だ。ひと段落後作業を終えて帰宅してから朝食というパターンのようだ。私はまだそういうパターンではない。暑くなると、8時か9時ころまでに作業を終える。今はまだそこまで暑くなっていない。だから、早くて7時、遅ければ8時に始動する。

           

          ☆田植準備

           

           長男が出勤した後、田の整備に出かけた。まず、細分化された用水の水路にはめる堰板を置く。圃場特有の形状にこしらえている。最初は何故それがあるかもわからなかった。誰も知らないから教えてくれない。事態が危うくなってからようやくそういう器具の必要性を理解するという有様だった。

           

           取水汚行に市販されていた開閉式の堰をある圃場で試してみる。ぴったり合わない分、木材で補助器具をこしらえる。それとともに持参するが、丁度ベテランの組合員と出会い、相談する形で試してみた。その方の意見を参考にすると結局調達した器具は間に合わないことが分かった。以前から使っていた単なる板の方が効果的だともいう。それを聞いて新たな取り組みを断念した。

           これで、午前中の作業は中断した。時間は早いが、暑い。午後にまた別のことをやろうとすれば、これくらいで休んでおいたほうが良いと決めた。

           

          ☆輝太郎柿栽培のこと

           

           まず。一昨年に苗をまとめて購入された前生産部長に電話を架けた。聞きたかったのは、その結果掛かった経費のことだが、行政の補助金を使って、自分の持ち出しは多くなかったそうだ。何せ目玉品種で戦略作物だ。

           

           そのあとで、今回決断した経緯などを話して2歩遅れだが頑張ると言えば、年齢を聞かれた。私が7,8歳若いという。それを考えれば、元気とはいえ頭が下がる。

           

           その後、昼食を挟んで問題の農地の所有者に電話を架けた。全員は無理だが、数名とは繋がった。概ね使用貸借には同意が得られたが、若干何sン北を示す農家もあった。自家消費用に自分で耕作したいという。そういう農家には、無理は言わない。

           

          ☆陶芸の仕上げ

           

           これはあられの話だが、午前中にあられが一人で陶芸に出かけた。昨日の仕上げをしようということだ。今日は実は活動日ではなかった。だが、公民館が理解を示して許可したそうだ。

           

          ☆農薬のデモ協力

           

           農協のある職員から紹介されて、除草剤の試用実験に圃場提供を頼まれた。時期が田植後で、畔の除草効果を試すものだが、これまで水を張った水田では畔の叙情は行われなかった。新しい試みだ。話があった時から圃場の状況に注意して、ようやく1圃場を選んだ。今日その圃場の現場確認をする。

           午後1時で待ち合わせて圃場に案内した。早速実験圃場ということで看板を立てる。実際の散布時期にはのぼりも立てるそうだ。

           打ち合わせ後は、水稲栽培や圃場管理の実態を話して雑談をする。今後いつまた支援に繋がるかもしれないという思いだ。

           

          ☆水路の土堀り

           

           昼食後少し休んでから再び出かけた。あくまで予定のうちだ。気になっている場所がある。一つは取水路で、もう一つは排水路だ。どうにか水が流れるようだが、年々土が積もって水路とは言えなくなっていた。それもそのはず、取水路は道路の横にある。のり面から土がぼろぼろ落ちるコンクリートで10センチばかりの水路が作られているのだがほぼ埋まっていた。

           

           四角いスコップを刺して、そのままてこの原理で手前に倒す。スコップの端が反対側のコンクリートに当たる音がする。ガリガリと。そのまま土を掬ってねこぐるまに乗せる。一杯になったら近くの田の横の路肩に下ろす。こうして小高い山が何個も出来た。そのうちに山が崩れてのり面と同化するだろう。

           

           距離は短かったが、のり面の足場が悪く手間がかかった。本当に条件の悪い水路だ。我が家の狭い圃場にだけ水を引く水路で、集落の共同作業の対象にはならない。結構そういう意味では冷たいものだ。受益者責任というそうだ。

           

          ☆田植準備

           

           もう一つ排水路の土堀りを考えた。だが、一度流した汗をまた流す気にならなかった。その代わりに、少しでも準備を進めることにした。ガソリンと軽油の購入だ。特に軽油はトラクターで使う。タンクに満タンにしておく。除草剤の原液を追加で求めた。そうするように別の組合員から頼まれていた。波板を数枚購入した。弱い畔があれば取り敢えずの措置として使用するためだ。その他、こまごまとした備品を求めた。

           

          ☆水を汲む

           

           晴天が続く。人よりも野菜が音を上げる。苗が巣立つまでは水が必要で、野菜作りをする農家は、朝夕と水を汲んで掛ける。我が家も二つの畑に分担して水を掛ける。あられが担当する畑の水がめが大分減って来た。そこで、タンクに水を汲んで水瓶を満たす。残りを別の畑に運ぶ。

           

           昨年ここで困って手を焼いたことがある。というのは、最初の畑で水がめに注入するときはタンクの出口に雨どいを繋いで流した。これは上手くいった。ところが、2番目の畑ではトラックの停車位置から水がめまでが遠い。届く便利なものがない。何を利用しようかと思案するが、適当なものがない。すると今日あられが言った。「バケツ」全く想定外だった。繋ぐことばかり考えていた。早速今日はバケツに汲んでは水がめに移し、また汲んで移した。ついでに芋類に水を掛けて帰宅した。

           一日何をやっていたかまとめにくい日だった。タケ

          | 農業 | 07:04 | comments(0) | - | - |
          陶芸教室、田の整備
          0

             2020.5.27(水)晴れのち曇り。晴れ間が出ても暑すぎず、爽やかな天気だった。未明には少し降ったようで、地面が濡れていた。

             私は、夜間の蒸し暑さで夜具からはみ出て体を冷やしたようだ。朝からずっと鼻水が出ていた。冷えたというより、疲れが出たという方が適当かもしれない。

             午前中の予定の前に空いた時間を使って事務処理をした。

             

            ☆陶芸教室

             

             あられを伴って出かけた。今日は前回から引き続いて成形作業が残っていた。四角形の花瓶に蓋と首の部分を載せる。ただそれだけだが、前回時間が足りず濡れタオルを掛けて、その上にビニール袋を被せていた。それらを取り払うと粘土は殆ど乾いていなかった。試しに蓋の部分を載せると、首の部分が下がり始めた。そういうことだった。接着部に水を付けて乾燥を防ぐ。一方蓋はへこまない程度まで乾燥を進める。ややこしい作業だった。

             

             ドライヤーで乾かすが時間がかかった。一旦屋外で外気に当てる。そんなことをしてやや硬さが出たところで乗せて接着した。しかし、目の前で少し蓋がへこんだようだ。どうしようもない。

             

             乾燥を待つ間に別の花瓶に取り組んだ。それは円形だがハートの形に近く口が広い花瓶で、蓋付にする。直径10センチほどの丸い粘土から玉づくりをする。高台の部分を残して両手でせり上げていく。厚さを薄めにしかも均一になるよう上に向けてせり上げる。なかなか思うような形にならない。

             

             ふたの部分を別に成形する。最も気にしたのが、身と蓋の噛み合わせだ。二つの部分がそれぞれ乾燥に伴い縮む。縮む割合の違いがあれば噛み合わせが合わなくなる。用心をすれば、まず身の部分が乾燥してから蓋の部分をそれに合わせて成形するそうだ。

             今日新たに取り組んだ作品も仕上げの時間が足りなくなった。またもや濡れタオルとビニール袋を掛ける。あられも製作途中だったが時間切れで中断した。マグカップに取り組んでいた。

             

            ☆田の整備

             

             今日予定したのが準備の遅れた数圃場で、まず排水口を閉める。その後は、取水口と排水口を兼ねた圃場に回り、昨年とは異なる装置を取り付けた。補強のために一旦帰宅して板や杭を用意する。それらを携えて戻り、取排水口に打ち込む。土を寄せて固めるが、一旦入口を開けて取水が出来るか確認した。

             

             それでもまだ一か所で課題を残した。新しく購入した器材がはめられるように補助の装置が必要だった。明日でもやろうと今日は中断した。

             一旦帰宅して、ジョロを持参する。畑で芋類の苗に水を掛けた。こうして今日の農作業は切り上げた。鼻水が一向に止まらなかった。

             

             右手首がかゆい。先日施した拭き漆の影響だった。両手首の袖のガードが甘くなっていたのだろう。暫く痒みが続くことになる。

             

             今日もひと方輝太郎柿の栽培作業の協力者を得た。出来るときに出来ることだけを、というお願いの結果だ。何となく疲れやすくなった気がする。このところの動きで過労気味か。タケ

            | 趣味 | 06:13 | comments(0) | - | - |